アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    タイランド_世にも奇妙なタイ物語③
    2007年08月18日 (土) 00:00 | 編集
    いやー本当に暑いですねー今年。
    タイと同じくらい暑いです。
    中国からやってきた光化学スモッグで空が曇れば
    まさにバンコクそのものになるのでは?
    でも、こんな物価の高いバンコクは嫌か・・・。



    ------------------------------------------------



    タイ人の夜明けは早い。
    朝からタンブン(仏教的な功徳を積む事。托鉢する坊主についてまわって
    身の回りの世話をしたりする)する人も多いし
    真面目に良く働いている人が多い。
    怠け者が多い印象かもしれませんが、
    それは、工場勤務の労働者、もしくは
    ヒモやオカマのこと。農家や自営業、家の奥さんなんかはまあよく働きます。
    そして、やっぱ全体的には農家が多いんです。

    ツレの家は雑物仕入れ家業だったので、
    老いも若きも朝日の出ないうちから働いて夕方まで働き
    夕方からは家の用事をするのでした。
    てなもんで朝7:00頃目覚めるともう人気がほとんどありません。
    ツレは別のところで働いているのですが、お手伝いするために
    早くから起きたみたいです。真面目なやっちゃ!

    ツレの家に泊まっていた私は昨日の夜あった妙な出来事も
    忘れて、まず冷たい水のシャワーを浴び(注:湯は出ない)
    朝飯をもらいに2階から1階へ降りてくると
    テーブルの蚊帳の中におかずがありました。
    炊飯器の中には白飯が。
    勝手にもりもり食べて片付け、
    縁側に出ると、半裸のじーさんが座ってました。

    「おはようございます。」

    「Fukfhoneの友達か? おまえは煙草吸うか?」

    「ええ。煙草吸います?」

    煙草をだまって受け取ると、じーさんは
    火をつけてじわーっと煙草を吸って
    ゆるゆると吐き出すのでした。
    結構な年の筈ですが、腕が太くて
    逞しい体をしています。
    野良仕事とかして鍛えてるのかな~?

    「キミはあれか?どこに住んどるんだ?」

    「うーん、ずいぶん北の方ですねー」

    「・・・北か。チェンマイの方から来たんじゃな。ふむふむ」

    がくっ!わしゃ日本人だっちゅーのに。まあいいか・・・。

    「チェンマイ人じゃないかなーと思っとったんじゃ。
     色が白いからのー。はっはっはっ」

    「はっはっはっ!」

    てな感じで小一時間ほどじーさんとの談笑に費やしていると
    ツレが帰って来ました。

    「zinさんご飯食べましたか?」

    「私は働いて帰って来たからおなかペコペコです。
     ご飯一緒に食べますか?え、要らないの?
     じゃ、ご飯食べたら出掛けるから準備しといてくれますか?」

    それじゃ、じーさんごきげんよう。
    しかしとうとう日本人だと気付かんかったな
    少しボケて来てるのかも知らんな。
    とか思いつつ奥の部屋に戻るのでした。
    歩いて食卓を横切り、階段を通り過ぎるとなーんとなく
    上に誰かいるなという気がして、階段の上をチラッと見てみました。
    すると、ペーちゃんが座ってこっちを見ています。
    ああ、ぺーちゃんかと思い、奥の部屋に行く途中で
    思い出しました。

    ペーちゃんは死んだんだっけ。


    ghost_in_PUKhouse.jpg

    ↑クリックで拡大します

    ---------------------------



    ぺーちゃんはツレの小さい弟で、
    王立の付属小学校にトップで入学した
    自慢の家族だったのですが、運悪く半年ほど前に
    プールで溺れ死んでしまったのでした。

    小学校に入学する前はまだまだ聞き分けのないガキんちょで
    一度映画館に連れて行ってお守りをしたことがありました。
    確かドラえもんかなんかのタイ語吹き替えだったとおもうのですが
    そのときに、おもちゃやお菓子を買ってあげたことを
    ずっと覚えてて恥ずかしがりつつ私になついてました。

    ツレにペーちゃんを見たことを伝えると、今までなかなか
    出て来てくれなかったのにやっと出てきてくれた
    といって喜び、神妙な顔をして拝んでいました。


    ま、これが私が確かに“何か”を見た
    最初で最後の体験です。

    怪談としてはぱっとしないかもしれませんが
    盆でもあることですし、もし魂と言うものがあるならば
    成仏して欲しいなーと思う私なのでした。




    さて、奇妙な物語は今年はこれでおしまい。
    しかし、現実はもっと奇妙奇天烈なのです。
    乞うご期待!






    ランキングに参加しております。ポチり↓待ってます


    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    ぺーちゃん
    zinさん おはようございます。
    ぺーちゃん不思議な話ですね。
    俺はあまりこういう体験ありませんが、出てきて欲しいと思っていると出て来なくて、ふとしたタイミングででてくるんですね。
    次期待してます。
    不思議な話大好きです。
    2007/08/18(土) 09:00 | URL | イカ大臣 #-[編集]
    ペーちゃんのピーちゃん
    zinサン、タイ語が堪能なんですねぇ
    羨ましいです
    ペーちゃん、もっと生きたかったでしょうに可哀想。。
    私は霊の存在を信じています
    きっとペーちゃんは、zinさんや奥様に、挨拶したかったのですよ、霊界で元気にしてるって。。

    情けは人のためになる、をポチ!
    2007/08/18(土) 09:23 | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[編集]
    ぺーちゃんは、何かを伝えたかったのでしょうか。
    あたしは、息子と一緒にお墓参りをして
    「お目々があるあの子は誰?」
    と言われたときはゾゾゾーッとなりました。
    誰もいないのに....。
    2007/08/18(土) 10:40 | URL | まゆみ #HfMzn2gY[編集]
    イカ大臣さん
    ご訪問ありがとうございます!
    なんで、家族は見ずに私が・・・?
    「見る」というのも脳の働き。「ペーちゃん」を認識するのも脳の働き。
    仮にこれが超自然現象だったとしても脳の働きが介在しているわけです。そこに神秘を感じますねー

    pegasus8さん
    早速のコメント&ポチかたじけない!
    死んだ人がどうこう思うことはないのかもしれませんが、残された家族の中ではいつまでも小さなペーちゃんが心に残るので、それが可愛そうでしたね~・・・

    まゆみさん
    息子さんは霊感が強いんですねー
    今のうちに「カマプスゲの唄」を歌い込ませて鍛えれば、将来の三輪明宏としてスピリチュアル界のスターになれるかも?!
    しかし、自分に見えないものが見えるといわれれば、気味悪いですよね!
    2007/08/18(土) 13:52 | URL | zin #-[編集]
    タイの奥深さを感じます。。
    おじいちゃんののんびりした感じがいいですね。
    知っている身内の霊なら怖くないでしょうね。知らないと身内でもあんた誰??となってしまいますけど(笑)
    むかーしむかし、珍しく寝付けずにいたら自分の足の上に人が座ってました。。着物を着た男の人で、弟が家の車を勝手に乗り回し、事故(田んぼに突っ込んだ)を起こした夜のことでした。私もそれっきりです。今となっては夢だったような気も。。
    2007/08/18(土) 15:25 | URL | ru-seri #-[編集]
    働き者だな~感心するな~。
    そのおじいさんといると時間の流れがゆるやかそうでいいな。(*´∇`*)
    ステキなじいさんだ。

    それ・・・確実にみてるね。無意識な時ほど現れやすいから~(^^)
    んでも・・歓迎されているってことなんじゃないかな。
    覚えていたんだね~zinさんのことを。きっとうれしかったんだろうね~。
    2007/08/18(土) 19:11 | URL | shisuta #frUh5rcM[編集]
    タイはやはり今の日本並みに暑いのですか?
    東北育ちの俺にとっては三重県はまさに地獄!
    zinさんは年中真っ黒?
    2007/08/18(土) 22:43 | URL | #11 #-[編集]
    ru-seriさん
    虫の知らせってやつでしょうか?
    しかし、起きて脚に誰か座ってたら
    私なら物も言わずに殴っているかも
    しれません・・・
    コメントありがとうございます!

    shisutaさん
    確かにあのじーさんの回りは時間が
    極端に遅く流れているようでした。
    そういうサイキックパワーの持ち主だったのかもしれませんが、
    ただ単にボケていたのかもしれません。Thanks!

    #11さん
    タイは暑いです。暑いからタイなのです。でも室内では死ぬほどエアコン効いているから暑さと寒さでおかしくなる。それがバンコクというところなのです。
    私は今、日本に居ますので一部を除いて真っ白です。
    コメントありがとう!
    2007/08/18(土) 23:12 | URL | zin #-[編集]
    こんばんは
    zinさん,イラストもうまいけど基本的に文章うまいっすね.
    先を期待してワクワクしています (^_^)
    2007/08/18(土) 23:14 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    先日は訪問&コメントありがとうございました。
    アジアはどの国も行ったことがないので興味深く読ませていただきました。タイか~。いいですね!!
    2007/08/19(日) 02:56 | URL | ノラミャオ #-[編集]
    でしょーーーー?
    推進委員長様

    皆さんオカルトの継続を希望されてるようですね?

    っ中華、
    関西人(ですよね?)の文章ってのはネタふり有、オチ有でなんだか安心して読めるような気がします。
    2007/08/19(日) 09:28 | URL | Gian #-[編集]
    またまたゾク・・・
    またまた背筋がゾクっといたしましたよ。
    きっとぺーちゃんはzinさんに逢えて嬉しかったんでしょうね。
    もう怖いお話は終りなんですね。
    ちょっと寂しいかも"p(-ω-〃) イジ
    2007/08/19(日) 19:17 | URL | 亜実 #-[編集]
    cattleさん
    お褒めに預かり恐縮です。
    できれば親類縁者・知己の方々に
    言いふらしてください。
    あっ!?あっつかまし~い!!
    失敬。

    ノラミャオさん
    ご訪問頂きかたじけないでござる!
    過去の記事も暇があればご覧頂ければ有難き幸せ也。今後とも一つ宜しく、あ、ずずずいと・・・

    Gianさん
    文章の辛いとこは、ボケたらボケっぱなしで読者が突っ込んでくれとんかどーなんかよーわからんとこですねー・・・
    ま、オカルトな体験はそうそうあるもんではないので、来年の夏までネタをとっておきましょう。
    そう、生きている人間が一番恐ろしいことでもありますし。
    2007/08/19(日) 19:25 | URL | zin #-[編集]
    亜美さん
    うっ。意外と怪談が好評なので
    ちょっとびっくりです。
    また、違うシリーズに突入する事になりますが、見捨てないで~
    2007/08/19(日) 19:29 | URL | zin #-[編集]
    おぉ~~っ。
    見えたんですねぇ~。
    出てきて欲しいと思いすぎると、緊張して出て来ないのかなぁ~。
    私も、とっても見たい人がおります。
    かれこれ数年待ってますが、現れる気配無しですね。
    ふとした時に、来てくれるのを、気長に待ってみますかね。
    2007/08/20(月) 19:23 | URL | chekko #-[編集]
    chekkoさん
    おおーっ、ご来訪ありがとうでした^^
    亡くなった方は残念ながら
    この世にはいないわけですから
    あの世で会うのを待ちましょう・・・
    誰も不死身ってわけではないですから。よく言うでしょう?「急いては事を仕損じる」って。(使用例誤り)
    2007/08/20(月) 21:25 | URL | zin #-[編集]
    奇妙な話はこれで終わりですかー?!
    残念!!
    こういうの大好きなんですよー
    また、来年お願いしますm(_ _)m

    お盆休みにお墓参りに行きましたが…
    死んでしまった人の魂は何処に行ってしまうんでしょうね。
    お墓の前で考えてしまいました。
    2007/08/20(月) 22:29 | URL | ありゆママ #-[編集]
    zin様こんばんは、私のブログへのご訪問&お優しいコメントをありがとうございました!
    私は海外に行ったことがないのですが、いろいろな経験をされているんですね、不思議体験まで・・・亡くなったペーさんはとてもいい子だったのですね、今も家族のことを見守っているんでしょうか・・・
    乱文になってしまいましたが、これで失礼します。それでは
    2007/08/20(月) 22:30 | URL | 冬月高雅 #0VuA22b2[編集]
    ありゆママさん
    私が思うに魂もエネルギーの一種で体は物質なのですが物質もエネルギーの一形態なんですねー(特殊相対性理論:E=mc2)
    つまりこの世の何もかもが
    形は違うけどエネルギーってことで
    死んでしまった人も魂も形を変えてこの世に残ってるって事じゃないでしょうか?(エネルギー保存の法則)


    冬月高雅さん
    どうも、ご丁寧に有難うございます。お品がおよろしい方がなかなかいらっしゃらないことでございますので私調子が狂ってしまいますですます。
    それでは、またお会いいたしましょう。ごきげんうるわしゅう・・・
    2007/08/21(火) 02:00 | URL | zin #-[編集]
    うわっ!
    こえ~よ!
    2007/08/24(金) 22:58 | URL | とんじい #8W8GAba2[編集]
    とんじいさん
    ふっふっふっ。怖かったですか?
    ふっふっふっ。体験談ですからねー
    ふっふっふっ。また来年の夏に・・・
    2007/08/25(土) 01:04 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。