アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    タイランド_世にも奇妙なタイ物語①
    2007年08月04日 (土) 18:14 | 編集
    蒸し暑い夏になりましたねー。この気温、この湿度、
    これでもう少し日差しが高ければまさにタイそのものです。
    こんな夏にはやはり納涼、怖ーいお話しが良いのではないでしょうか?

    つーわけで、今回は呪いのお話です。

    またいずれお話しすることになりますが、G●という巨大自動車メーカーの
    タイ工場立上げの時のこと・・・・


    G●の工場立上げには、世界中から色々な人々が集まってきました。
    多くのアメリカ人とドイツ人、それからカナダ人、オーストラリア人、
    フランス人、ハンガリー人、ポーランド人、そしてタイ人&私・日本人。

    立上げの総責任者は昔ベトナム戦争ではヘリの操縦もしていたという
    黒人チャック・ダンフォース。彼は恐ろしく厳格な男で、
    各企業の責任者を取りまとめてビシビシに厳しく仕切っていたのでした。

    施工業者はドイツから来たアイゼン●ンというメーカー。
    どいつもこいつも屈強な男たちで、2m近い身長と
    丸太のように太い腕、全身刺青とスキンヘッド。
    どこからどうみても堅気には見えません。
    この、つるっぱげの熊さん達もチャックの前では
    ボリショイ・サーカスの熊のようにおとなしく、
    ああだこうだ言い訳しても、チャックに一喝されて
    缶コーヒーを頭に向かって投げつけられると
    震え上がってしまうのでした。

    そうした、緊張感の漂う中、
    欧米人達の都合の良いように、工場内は私語もタイ語は禁止
    全て英語を喋らないといけないという言語統制が敷かれたのでした。

    その流れをタイ人虐待への追い風ととったならず者のアメリカ人が
    一人いました。ジョンと呼ばれたその男、背は低く肥満体で
    頭は少し薄く、映画に出てくる悪者保安官を地で行ってるような感じでした。
    彼はタイ人にそれはそれは辛く当たり、現地人から
    大変に恐れられていました。

    仕事が進まないのを全て現地スタッフのせいにして
    タイ人をつかまえては
    「早くやれ!」
    「死んでもやれ!」
    「辞めてしまえ!」
    「死んでしまえ!」
    「この、犬コロが!」
    「劣等民族が!」
    「クソが!」
    「全てお前のせいだからな!」
    と机を叩いたり、書類を投げつけたりしながら罵り上げていたのでした。

    チャックがそのことを知れば
    ジョンは鉄拳制裁を食らった事でしょう。
    ところがこの小役人はチャックの前では
    へいこらしてその尻尾をつかませなかったのです。
    無論タイ人がチャックに直接直訴しに行くなんて恐ろしくて
    考えもつかなかったということです・・・



    タイ人は人前で罵られることをことさら嫌う民族なのです。
    上司が部下を叱責する事も少ないのですが
    叱責する場合は必ず別室に呼んでマンツーマンで行うものなのです。
    罵られたタイ人たちは顔を紅潮させて怒りに耐えていました。
    中には涙ぐんでいる人もいたほどです。

    ある日、虐められ続けているタイ人が集まって何か
    深刻そうに話をしていたので、一人に声を掛けて何の話を
    していたのか聞きだしたのですが、それは本当なのか?!
    と聞き返したくなるようなとても恐ろしい話でした。



    「私たちは、あの男を許す事はできません。
     でも、彼に直接手を下す事もできません。
     だから、私たちは決めたのです。
     あの男を呪い殺す事に・・・。」


    えええええええええっ?!


    「イサーンにとても優秀な呪術者がいます。
     私たちはお金を出し合って、呪ってもらうことにしたのです。」


    ひえええええっ!・・・・ちなみにナンボくらいなん?


    「1万5千バーツです。(約5万円)」


    うわ、高っ!でも人一人殺すと考えれば
    ・・・・・・安過ぎるな。
    そんなんで、死にっこないよ!もったいないよ!!
    止めといたら?!


    「・・・・・・・もう申し込んだんです。
     それに、私たちの決心は変わりません。」





    その後、ひと月が過ぎ、私はそんなことがあったなんて
    すっかり忘れていました。忙しかったからな~
    ふと気付くと、ここ一週間くらいジョンの姿を見かけません。
    まさか・・・




    ジョンは早朝、通勤にバイクを使用していたのですが
    ある朝、通勤途上の未舗装道の側溝にバイクごと落ちて死んでいるのを
    発見されたそうです。
    道は真っすぐで、天気も良く落ちるはずの無い所だったそうです。











    その時、私はまさか自分が呪術にかけられる日がやってくるとは
    知る由もなかったのでした・・・・。




    kaikishoukubutsu.jpg
    タイで見かけた怪奇植物(クリックで拡大します)



    ランキングに参加しております。ポチり↓待ってます


    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    な、なぬ?!
    呪術にかけられたのですか?
    と、いうことは、このブログを書いているのは
    もしや.....!!!!!
    ひえー。
    2007/08/04(土) 22:05 | URL | まゆみ #HfMzn2gY[編集]
    苦手です
    こういう話は苦手です。
    呪いや怪奇現象とかあまり信じたくないですね。
    宗教的な国ほどそういうのが多いのでしょうか?
    2007/08/04(土) 22:20 | URL | ゆうし #2k0SwcnM[編集]
    これはフィクションですか?ノンフィクションですか?
    と疑いたくなるぐらい偶然に偶然が重なった話ですねー。

    自分が相手にしたことって、いつかは分かりませんがほぼ必ず自分に返ってくると私は思ってるんですが、全くその通りの結果になりましたね。
    2007/08/04(土) 22:33 | URL | c1000 #C2I5lmi2[編集]
    信じます!
    呪術って、実在するビジネスですよね。数日前もどこの国だったかしら、、そんな本を読んだばかり。
    それにしてもさすがタイ、5万円は安いなぁ。。
    しかし、ジョンさん、まさか自分が呪われてるとは思いもよらなかったでしょうね。タイ人は本当にプライドが高いですから、人前で罵るなんてもってのほかだと思います。
    で、

    >その時、私はまさか自分が呪術にかけられる日がやってくるとは
    知る由もなかったのでした・・・・。

    って凄く気になります!!!
    怪奇植物も不気味だしぃぃ
    2007/08/05(日) 00:18 | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[編集]
    まゆみさん
    ・・・気付いてしまいましたね。
    それに気付いた貴女。
    貴女の背後に影が・・・
    ふっふっふっ

    ゆうしさん
    まあ、いづれに日にかはちょっと
    不思議に思える現象も
    理屈で語ることが出来るかもしれません。
    一応私は科学者ですので
    ニュートラルな立場を守りたいとは
    思ってますが、このときは
    怖かったですねー・・・
    心が弱っていたせいかもしれませんが。

    c1000さん
    ふっふっふっノンフィクションで
    ございます。
    因果応報に思えるかもしれませんが
    こんなことで殺されたら
    命がいくつあってもたりません。
    2万バーツくらいから殺し屋さんも雇えるので、実はそちらも怪しかったりして・・・
    呪い殺すのは犯罪にはならないでしょうからねー

    pegasus8さん
    呪いを掛けられたのか?そうでないのかは実は未だによくわかってません。ま、体験談を書き綴るだけですので事実関係は想像してもらうしかないですねー。お楽しみに
    納涼、納涼!
    2007/08/05(日) 01:55 | URL | zin #-[編集]
    それって
    必殺仕事人じゃないんですか?

    呪術は表で裏が・・・・・

    私は中国人作業員が言う事を聞かない時は、近くにあるレンガを叩き割って怒りを表現します。(笑)

    2007/08/05(日) 09:43 | URL | とんじい #8W8GAba2[編集]
    zinさん
    最近,語り部みたいになってきていますね.
    先が待ち遠しいッス.
    でも,このシリーズが終わったら明るい話いきましょうよ.
    ネ! (^_^;
    2007/08/05(日) 11:05 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    共通点
    こんにちは。

    人前で怒らずに別室で。。。

    フィリピンとの共通点が多いですね。

    マイペンライ=バハラナ とか。

    超常現象?が大好きで、大多数が信じているところもクリソツです。
    2007/08/05(日) 13:18 | URL | Gian #-[編集]
    zin様

    訪問&コメントありがとうございます。
    タイ人はいつもニコニコしているイメージがありましたが、プライドもしっかり持っているんですね。
    勉強になりました。
    byクリシュナ
    2007/08/05(日) 13:26 | URL | クリシュナ #-[編集]
    とんじいさん
    うーん、そうなのかもしれません。
    そうではないのかもしれません。どっちにしろ恐ろしい話ではありますねー。納涼、納涼!

    cattleさん
    このシリーズ何話までしようかな~
    しかし明るい話ねー…
    なんかあったかなー
    ま、日頃の話は明るくなくもないのかな~

    Gianさん
    ま、東南アジアは似たり寄ったりと
    いうことでしょうねー。
    しかし、フィリピンはなかなかに
    仕事の進まないとこですよねー
    もしかしたら世界一かも・・・
    ご苦労様です。

    クリシュナさん
    ま、仕事の時はつまらなそうな顔してますよ!仕事が終わったらすぐニコニコしてますけどねー。
    プライドはどこの国の人も似たり寄ったりだと思いますけど
    人前で辱めを受けるのは嫌みたいですねー
    2007/08/05(日) 19:27 | URL | zin #-[編集]
    頭の悪いアメリカ人だな。
    自分がどこにいるのか確かめて行動すればいいのにな。
    タイにいるのならタイの人の性格を知りその上でどういう風にすれば能率が上がるのか頭を使って考えたらこんな風なことは起きなかったのにね。力で抑圧して喜ぶ人なんていないよね。
    それにさ・・タイ人じゃなくても周囲に人がいて怒鳴られるなんてイヤだし。それがそういうことを殊更嫌う人種の方に・・・このアメリカ人は横柄なめんどくさがりやだな。
    自分がラクな方へラクな方へ流れようとしている。情けない。
    死んでからこの人は全てを知って心を入れ替えたと思いたいものだ。
    南無ぅ( ̄人 ̄)。呪術は私・・・信じるよ~(^▽^)/
    2007/08/05(日) 19:58 | URL | shisuta #frUh5rcM[編集]
    shistaさん
    そう、彼は頭の悪い男でした。
    頭が悪いという事は救われないことです。
    生活環境病の一種かもしれませんが“わからない”病気なんですねー・・・
    死人に鞭打つのも何ですので
    成仏して頂きましょう。
    ・・・・あ、クリスチャンか。
    2007/08/06(月) 01:31 | URL | zin #-[編集]
    こんにちは。
    またまた怖い話ですね~!!
    タイ人には、これから先用心しなくては・・・。
    タイだから、こんな不思議なことが次々と起こるのですか?
    それとも、zinさんの周りだけ?
    この、アメリカ人の男性は因果応報ですが、zinさんもですか??
    まさか・・・、それとも単なる誤解かとばっちりでしょうか?
    続きを楽しみにしていますね。



    2007/08/06(月) 06:37 | URL | まぐのりあ #-[編集]
    こんにちは(*^_^*)
    怖い話、大好きなんですよー
    でも、本当の話なんですよね?!
    ゾーっとしました(-_-)
    続きが気になるーー!!!
    2007/08/06(月) 10:57 | URL | ありゆママ #-[編集]
    おひさしぶりですm(__)m
    やっと復帰しました(^^;;

    久しぶりにお邪魔したらエラー出なくなって良かったε=Σ( ̄ )ホッ
    たぶんれおなのブラウザのせいですねっ(´~`ヾ) ポリポリ・・・

    またお邪魔しますねっ♪
    2007/08/06(月) 12:59 | URL | れおな #SJMMuUIM[編集]
    zinさん、呪術も経験済みですか!
    ジョンの死は自業自得な気もしますが・・・。
    それにしても5万円か~
    現地の方には高額でしょうが、紹介して欲しいような。。。
    2007/08/06(月) 18:13 | URL | utica(ユティカ) #-[編集]
    まぐのりあさん
    いやーリクエストにお答えしてしばらく
    怪奇譚をば楽しんでいただきましょう。
    しかし、そうですね。こういうことを経験しない人は
    全然しないわけですからある意味ツイてますねー!私^^


    ありゆママさん
    こんにちは~!
    ここで紹介する話は全くもって本当の話ばかり
    体験談のみです。
    ま、実際は何が起こったのかは知りませんがねー・・・
    続きをお楽しみに~


    れおなさん
    お久しぶりです!
    再び訪ねて頂いて感謝感激でございます。
    それではごきげんよろしゅう・・・


    utica(ユティカ)さん
    呪術だったかどうかは未だにわからずじまい。
    しかし、呪術師を紹介してもらってどうするおつもりで?
    ・・・皆まで聞くまい
    2007/08/06(月) 22:27 | URL | zin #-[編集]
    呪い・・・
    国によってイロイロな考え方があるんですよね。でも、呪われて亡くなった方はヒドイ人だったんですよね?なら天罰も混じっているのかも知れませんね。
    2007/08/08(水) 06:42 | URL | 仲良し夫婦 #-[編集]
    仲良し夫婦さん
    人を呪わば穴二つ・・・
    人を殺すのはもちろん、殺したいほど憎むことも感心できることではないですねー。
    いちいちそんなことでバチを与える神っつーのも怖い。
    これが天罰だったとしたら喧嘩両成敗、呪ったタイ人も今頃は土の中でお休みしていることでしょう・・・
    なーむー
    2007/08/08(水) 21:46 | URL | zin #-[編集]
    ほんまに納涼になりました
    読んでいると背筋がゾクッとしましたよ!

    自分の手を下さなくても約5万で
    殺せるもんなんですね~

    呪いを依頼したタイ人は今頃ご無事なんでしょうかね?
    それもちょっと気になる亜実でした。
    2007/08/08(水) 22:43 | URL | 亜実 #-[編集]
    きゃ~っ
    かなりお久しぶりお伺いしたら…。呪術ですか、あってもよさそうな…あってはならないような…。本当に悪人だけが呪われるのならいんでしょうけど。
    常識では考えられない出来事ってありますものねぇ。。。
    あっ。
    またきますm(__)m
    2007/08/09(木) 04:25 | URL | 旅行しよう! #-[編集]
    こんにちわ~。あははは、もぉ、大爆笑で~す。信じるってすごいことだな~と。ウィッチクラフト系の話大大大大大好き!

    ってここまで書いて、たくさんある上のコメント群を読んだら、あたしって極悪非道な人間なのかと思っちゃっいました・・・ ええええ、でも、これって、あたしの中で、おぉ、来た来たって感じなんですけど~。信じるってことなんです。
    2007/08/09(木) 06:52 | URL | Kmala KMAR #BbMqszN.[編集]
    お初に伺いました。
    zinさま  コンニチハ~

    私も伺いました~ 
    トップの画像素晴らしいです。タイの景色ですか?
    動くいろんなテクニックもいっぱいですね!
    そうして、楽しいお話し満載です事!
    カキコも沢山で人気ヽ(=´▽`=)ノ

    子持ちの葉っぱが目に付きました。
    この沢山の子持ちはセイロン弁慶草です。
    沖縄みやげで戴いて、何年も育てましたが~ベル状の可愛い花咲くはず~ いつまでたっても咲かないので、冬に室内に入れなかったから、消えました。 
    「うらめしいや~」 って 出てくるかな~ つられました~アハハ~

    2007/08/09(木) 15:45 | URL | たえこ #3VyP8D9o[編集]
    亜実さん
    まー、5万で殺せるということは
    5万で殺される可能性もあるってことですからねー。気をつけないと。
    恐ろしいことです・・・

    旅行しよう!さん
    ご訪問ありがとうございます。
    タイでは呪術だとか霊だとかいうのは日常の中にあることのようなので
    常識の範疇みたいです。
    所変われば常識も変わると言うことですねー

    Kmala KMARさん
    えーっとウィッチ・クラフトっつーと魔女狩り関係の話でしたっけ?
    この話で笑えるというのは
    笑いのセンスが敏感である
    ということで良い事です。
    善哉善哉

    たえこさん
    トップの画像はピーピー島です!
    “The Beach”でデイカプリオ達が
    訪れた南海の楽園です。最近は
    観光客が多くて汚れてしまってるかも・・・
    セイロン弁慶草ですか~
    さっすがガーデニングの鬼(!?)。
    良く知ってらっしゃる!
    タイでは葉っぱを持ってきて
    水に浮かべて増やしてました。
    気持ち悪いな~と思ったものです。
    2007/08/09(木) 23:28 | URL | zin #-[編集]
    コメントありがと!
    ひきこまれるお話です…
    つづきが気になります

    2007/08/10(金) 07:24 | URL | なぽり #mQop/nM.[編集]
    ご来訪ありがとうございます!
    お世辞でもそう言ってもらえると
    ありがたいもんです!
    ぼちぼちですが更新していきます~
    2007/08/11(土) 04:04 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    ※商品の取り寄せに1週間~10日程かかる場合もございます。※国名:タイ 内容量:330ml 入数:24 アルコール度数:5% ラガー タイNo.1ビール国内市場50%は占める人気ビール。名前の意味は「象」※ 自分の書いたレビューのリンクから商品が購入されると、アフィリエイ
    2007/08/09(木) 08:56 | アジアがいっぱい
    ※商品の取り寄せに1週間~10日程かかる場合もございます。※国名:タイ 内容量:330ml 入数:24 アルコール度数:5% ラガー タイNo.1ビール国内市場50%は占める人気ビール。名前の意味は「象」※ 自分の書いたレビューのリンクから商品が購入されると、アフィリエイ
    2007/08/20(月) 14:40 | アジアがいっぱい
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。