アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ベトナム⑭_嫁来たる_Episode5_ホアロー収容所
    2007年02月22日 (木) 22:56 | 編集
    今日も今日とてバイクは走る、ハノイの街は老いも若きも老若男女みなライダーばかり・・・。

    DSCF2391.jpg


    ベトナム・サンドイッチで腹を肥やした我々は、次なる目的地へと
    歩いて行ったのでした。飲んで食べてばっかりでは太ってかなわんですからねー!


    というわけでやって来ましたホアロー収容所。
    ハノイ・タワーの裏手にあり、外からは高い塀に囲まれていて全然中は見えません。
    その塀も中に入ってみると・・・


    hoalo02.jpg

    うーん、だいぶ痛そうな塀ですね~
    これでざっくりしちゃった脱走兵とかいたんでしょうか?


    入館料は5000ドンだったかな?150ドン=1円で考えると
    ムチャクチャ安いです。
    入ってすぐ、全体のミニチュアがあったので
    写真を添付しておきましょう。こんな感じです。

    hoalo03.jpg

    そんなに広くはないですねー。大きい幼稚園くらいの感じでしょうか・・・


    hoalo04.jpg

    こんな囚人服を着せられていたようです。
    M.Cてなんでしょうか?マスター・オブ・セレモニーではなさそうです。


    拘置所はこんな感じ


    hoalo07.jpg

    みんなで並んで繋がれたり・・・


    hoalo09.jpg

    独房に入れられたり・・・
    そういや、ここを嫁さんがのぞいている時に後ろから「わっ!」と言って
    脅かしたらビクッとして「ぎゃっ!」と言っておりました。
    その様子を見ていた欧米人のおばさんがげらげら笑っていたのを覚えています。


    DSCF2544.jpg

    寝る時も繋がれてたんですねー・・・
    寝返りもうてないですね~これじゃ。


    hoalo11.jpg

    ずーっと繋がれてたんでしょうね~お尻の下の床がすり減って
    黒く染みみたいになっています。生々しいです。


    hoalo06.jpg

    便所もこんな感じで、恥ずかしいったらありません。
    ま、それどころではなかったんでしょうが・・・


    hoalo05.jpg

    こんな風に拷問されてたんですねー
    もう最悪です。この時代の日本に生まれてきた事に
    改めて感謝してしまった私なのでした。

    hoalo12.jpg

    処刑室にはまだ、ギロチンが保管されていました。
    ちゃんと手入れされていてまだ使えそうです。
    これを磨く仕事っつーのもやな仕事ですねー・・・


    DSCF2543.jpg

    処刑される人の目線で一枚撮ってみました。
    うーん、今見てもブルッときます。


    いやあ、なんか収容所の中は空気が重くて気分が悪くなりました。
    霊能者の方は心霊写真が混じってないかお知らせ下さい。



    To be continued・・・・





    ランキングに参加しております。こんな私に合いの手愛の手を・・・

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    拷問風景まであるのが恐ろしゅうございますわね。
    ギロチンにも怨念がこもっていそうでございます。
    きっと霊の一人や二人、いえもっとうろついているので
    ございましょうね。
    2007/02/23(金) 00:15 | URL | リリィ・ローズ #03RJxdeI[編集]
    怖い
    どの写真も不気味ですが、11枚目はとくに怖いです。
    壁に浮き上がったシミ?が阿鼻叫喚の顔に見えてきました
    ゚゚(ノ´д`ヾ。)゚゚。怖いよぅぅ
    2007/02/23(金) 10:35 | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[編集]
    ここは
    どんな人を留置していたのでしょうか?
    拷問とかあると言うことは政治犯かな?
    2007/02/23(金) 18:48 | URL | とんじい #8W8GAba2[編集]
    ひえぇ~。。
    ぎ、ギロチンなんてあったんですか;;
    確かに、それを磨く人はすごく大変です;
    ホントに、日本に生まれてよかったなとつくづく思ってしまいます・・・
    2007/02/24(土) 00:43 | URL | 喜色 #-[編集]
    ギロチン
    ギロチンは嫌ですね~
    首吊りとどっちが楽なのでしょうか?
    ってつまんない事を真剣に考えてしまいました。
    2007/02/24(土) 01:14 | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[編集]
    思わず…
    Wikiでベトナムの歴史を読み返してしまいました.かつての宗主国とはいえ,フランスからギロチンなんか持ち込まんでいいだろうに…
    自分で収容所見に行ったら眠れないかも.
    2007/02/24(土) 06:36 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    zinさん おはようございます
    見ていて正直恐くなりました。

    悪い事できませんねぇ。

    でも囚人服は素直にカッコイイと思ってしまいました。
    2007/02/24(土) 10:59 | URL | DAD #-[編集]
    うーん、面白半分に写真を撮ってはいけなかったかも・・・あたた首が痛い。メッセージありがとうございます!


    リリィ・ローズさん
    うろついているだけならいいんですけどねー
    なんかあの時から首がずっと痛いんですよねー
    仕事し過ぎだけだったらいいんですけどねー・・・


    pegasus8さん
    はい。確かに壁にシミがありますね。
    PCの液晶モニターを斜めに透かしてみると
    恐ろしいほどそういうシミが浮かび上がってまいります。
    お試しあれ!


    とんじいさん
    ここは元々はフランス人がベトナムの政治犯を
    大戦中にはベトナム人がアメリカ兵を拘留していたところです。
    ベトナム人はアメリカ人を処刑したりはしなかったんじゃないかなー


    喜色さん
    本当にこれで首をはねられた人がいたと思えば
    とても恐ろしいなーと思いながら見たのですが
    首を固定する所の穴がとても小さいのがまた悲しいのでした。


    浪漫飛行さん
    一説によるとギロチンで切断されてから5分くらい首側には
    意識があるとのこと。首吊りは縛り首とは違い
    首の骨が折れて死ぬのでこの勝負首吊りの勝ち!


    cattleさん
    ははあわざわざフランスから持って来たんですか・・・。
    やはり毛唐のすることは獣道でございますな。


    DADさん
    これを身につけたら死霊の力でカクカク踊れるかもしれませんね!
    M.C.DAD・・・なんとなくそれっぽいですね~
    2007/02/24(土) 16:11 | URL | zin #-[編集]
    訂正
    書き方が悪くてごめんなさい.
    ギロチンに関する書き込みは想像です.
    実物もしくは概念を持ち込んだのではなかろうかと…
    2007/02/24(土) 20:31 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    cattleさん
    想像ですか~。ならokです。
    妄想ではなくてよかったです。
    2007/02/27(火) 06:12 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。