アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    去了哪裡不明白的寺院
    2006年09月11日 (月) 00:25 | 編集
    さあ台湾編も残すところ後一回です。
    永らくの御閲覧ありがとうございました。というか飽きてきてますね
    お客さん。

    さてさて、次に我々はどこだかの寺に入ったのでした。
    どこの駅で降りたかも何という名前の寺だったかも
    忘れてしまったのですが、なかなか風情のあるいい寺でした。
    なんかの法要なのか盆みたいな日だったのか
    えらく人が沢山いました。

    DSCF0218.jpg


    辺りは線香の匂いと煙でもーもーとしており
    わりとみんな真顔でお祈りしているので、
    不信心なわれわれカポーにはふさわしくない雰囲気で
    ありました。

    DSCF0217.jpg

    真ん中左のジジイは佐藤さんかと思いました(以前の記事に登場してます)。
    ゴルフのスコアアップでもお祈りしてたのでしょうか・・・
    と思ったら真面目に拝んでる地の人でした、失礼!

    DSCF0216.jpg

    おおっ!台湾美人発見!面舵20度。撮影っっ
    おそらく旦那さんと思われる人と歩いてます。
    ちょっと猫背で暗い顔をしていますが、辛いからこそ
    拝みに来たのでしょう。とか勝手に想像をふくらまします。


    DSCF0215.jpg

    ・・・・嫁さんは疲れもあって
    だいぶご機嫌斜めになってきたご様子。明らかにテンション低めです

    台湾最終回へとつづく



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    こんばんは。
    ご訪問&コメントありがとうございます。
    ZINさんはいろいろなところに行かれているんですね。
    とても興味深いです。
    また遊びに来させて下さい♪
    2006/09/11(月) 01:26 | URL | マイ #mQop/nM.[編集]
    はじめまして
    コメント多謝でした。
    パキスタンに台湾に・・・ZINさん
    すごいですねー!特にパキスタンとなると、観光旅行ではなかなか行かないですもん。羨ましいです。あと、故宮博物院の記事なんかも、もっかいじっくり拝読したいです。

    また伺います。再見!
    2006/09/11(月) 04:38 | URL | mojo #jjTL4YWY[編集]
    ご訪問&コメントありがとうございました。
    私はアメリカとイギリスにしか行ったことないんです。
    周りの友人はアジアを放浪した人が結構いるんですけど、みんな熱く語るんですよ。
    単なる観光以上の魅力があるようです。
    また遊びにきますねー。
    2006/09/11(月) 09:22 | URL | mokeke #wJe7hkn.[編集]
    仁さんwコメありがとうございましたw
    早速こちらにも遊びに来て、最初から見させてもらいました☆
    感想♪
    マンゴーと珍珠?茶(黒いタピオカ入り紅茶)~
    これ、わたしも食べたことあるんですけど好きです~
    はまりますぅ~
    あと、外国人ってしっかり、カメラ目線ですよね。
    これ分かります、はいっ!(笑)
    写真いっぱいなのに、ブログ重くないし
    解説は楽しいし
    なんかとっても貴重なものをみせてもらった♪という気分です。
    感謝の気持ちを込めて"ρ('-'* ) ポチ ポチしていきますね
    2006/09/11(月) 13:15 | URL | cherry #-[編集]
    はじめまして、コメントありがとうございました

    私も一度台湾に行ってみたいのですよね
    屋台とかマッサージとか・・・
    も魅力的ですが目的は素敵な建物
    近代的なものに混じって古風なものも隠れていてオリエンタルな感じがします
    それを一回自分の目で見れたらいいなぁって思っています
    2006/09/11(月) 16:15 | URL | 眞帆子 #-[編集]
    ZINさん、ご訪問、そしてコメントありがとうございました。

    ここのところ韓国以外のアジアに行っていないのですが、ZINさんの写真満載のブログを拝見し、旅したくなりました。

    また遊びにきます。
    2006/09/11(月) 21:14 | URL | skippy #-[編集]
    こんばんわ。。
    ブログホイホイ 増えて私は楽しいと思いますよ。。
     ってか訪問と書き込みありがとうです。。
     台湾へ行ってきたんですね。。
     海外旅行。。いいですね。。
     株でもっと儲けたら行ってみようかな。。
    2006/09/11(月) 22:10 | URL | jgmwr420 #-[編集]
    >> マイさん
    ご訪問ありがとうございます。またのお越しを心よりお待ちしております^^

    >> mojoさん
    前の記事読んでくれたんですね^^
    多謝多謝です!!

    >> mokekeさん
    私はイギリスには行った事無いです。
    英語圏、アジア駐在者はなんとなく憧れてしまうのです・・・

    >> cherryさん
    ああっっポチポチしてくれて
    ありがとうございます!
    色々ほめて頂いて恐縮です。
    また、ほめ返しに伺います。

    >> 眞帆子さん
    あーそうそう、台湾マッサージのこと
    忘れてました。写真がないので
    だめか・・・

    >> skippyさん
    来てくれてありがとう!
    skippyさんの旅の話もいずれ聞きたいですねー

    >> jgmwr420さん
    株でもうけたら豪遊してください!
    お供いたします・・・・
    要らんて??
    2006/09/12(火) 06:47 | URL | zin #-[編集]
    カキコは初めてですが
    仁さんがこのブログを始めた頃、ちょくちょく覗いていました
    (タイ在住、「だいタイ白書」の、ペガサスと申します。)
    今朝はコメントをどうも有難うございました。

    このお寺はペナン島(以前住んでいました)のお寺とよく似ています
    同じ中華系ですものね。
    お線香、煙いんですよねぇ!
    懐かしく思い出しました。
    タイも中華系のお寺は同じですが。最近あまりお寺に行かないもので。
    またお邪魔しますね!!
    2006/09/16(土) 09:24 | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[編集]
    >> pegasus8 さん
    へーペナン島に住んでたなんて
    こりゃまた珍しいですねー!
    ご訪問&コメントありがとうございます。 またのお越しを心よりお待ちしております^^
    2006/09/16(土) 20:10 | URL | zin #-[編集]
    コメントから飛んできました
    コメントありがとうございました。
    台湾いいですよね~。ここはどこでしょうか。地球の歩き方の最初の方に紹介されている「北浦」というところの写真に似ている気もしますが。
    アジアいいですよね。私はタイに居ついて沈没しかけたことがあります。
    色々な写真を見ると、また行きたくなりました。
    またおじゃまします。
    2006/10/04(水) 13:08 | URL | カープ魂 #-[編集]
    >>カープ魂さん
    タイは洪水が多いので沈没される方も多いようですね。業務で行ってると楽しく遊ぶこともなかなかできなかったですけどねー。次は遊びに行きたいもんです。
    2006/10/06(金) 00:02 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。