アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    インシュ・アッラーー!
    2006年07月30日 (日) 19:00 | 編集
    イスラムの人ってすごいですね。毎日毎日
    時間通り死ぬまで毎日毎日・・・考えられません。
    どのくらい拝むか興味本位で聞いてみました。
    「君ら、毎日毎日ごっつい毎日拝んでるんやろ?」
    「まあ、そうです。」
    「一日何回?」
    「5回!」
    「じゃ、飛行機乗ってるときどうするん?」
    「そういうどうしようもない状況のときはしかたないんで
    すが、一応心はメッカに向かって時間通り拝みます。」
    「一回に何分くらい拝むん?MAXで?」
    「そうですねー。実際私は5分くらいですかねー。正しく
    拝むと20分位はかかりますよ。」
    「一日5回×20分・・・いや前後の時間を考えると
    30分・・・150分/日か。拝んでる合間に生きてるみ
    たいなもんやな!」
    「都会の人はそうでもないんですけどねー。」

    CIMG0085.jpg


    これは、拝みタイムテーブルです。
    3時27分って・・・そういや、街の明かりが消えるのが
    異常に遅いと思ったらずっと起きてるひとがいるってこと
    だったんですねー。


    CIMG0246.jpg

    こちらは正しい拝み方フィギュア。(photo@ラホール美術館)



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    コメント、ありがとうございました。

    CUBE、ちゃんと動いてますね。


    『信仰心』っていうのは、スゴイですね。
    我々、日本人は彼らから見たら、恥ずかしいくらい、無頓着。
    困った時の…、なんていうのが、実際ですもん。

    色々な、国で異国の文化や生活を体験されるのって、
    見る目が広がって、良いですね。



    2006/07/31(月) 11:47 | URL | ぺこ #Y.RLEoj6[編集]
    CUBEとても気に入ってます。ありがとうございました。
    またおじゃまさせてもらいます!
    2006/07/31(月) 21:19 | URL | ZIN #-[編集]
    コメントありがとうございました
    大学時代にイスラム経を信仰している留学生がいたんですが
    ラダマンがつらいと言いながらしっかりやってました。
    2006/08/14(月) 08:44 | URL | ミュジニー #-[編集]
    ご来訪ありがとう!
    ラマダンの間は口に入るもの全て
    ×らしいですねー。
    暑いときはさぞかしつらそうです。
    また来て下さいね
    2006/08/14(月) 13:23 | URL | ZIN #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。