アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    出発準備だ!
    2011年10月08日 (土) 13:01 | 編集
    パキスタンって大体において行きにくいんですよね~。

    直行便があればいいんですけど
    もしかしたらカラチ行きは直行便あるかもしれませんが
    愛知からだとセントレア→ラホールなんて望むべくもありません。

    で、どこでトランジットするかっていうとやっぱりバンコクですねー
    直前に言われたので空港ホテルに泊まろうかな?と思ったのですが
    安宿を探してhttp://www.agoda.jp/rewards/index.htmlにログイン。

    どっかいいとこないかな~?
    ・空港に近くて
    ・小綺麗で
    ・安くて
    ・評価の良いとこ

    うーんこれかな!?

    “Floral Shire Resort”
    ฟลอรัลไชร์ รีสอร์ท

    56 Lad Krabangk Road Soi 42
    56 ซอย ลาดกระบัง 42 ถนนลาดกระบัง เขตลาดกระบัง

    ラカバンかー・・・
    何も無いよな・・・
    近くにホンダの工場があったよな~
    これも何かのご縁ってやつ?

    しかし、安いっ! 朝食付きで\1,600くらいだっ!

    えい、予約だ!ポチっと!


    ・・・つーか、普通国際部か営業かどっかアレンジするやろ?
    ホント気がきかんわー・・・。
    そして、パキスタンで現地駐在している日本の方が三人もいるってことで、「日本に飢えているに違いない!」と思い
    食材を買出しに。
    ①酒(持ち込み規制で没収覚悟)
    ②インスタント味噌汁(単身赴任なら涙ものと思ったので)
    ③簡単炊き込みご飯の素(炊飯器と米は自分で調達してるでしょ?!と思い)
    ④お菓子(日本のお菓子は美味しい!酒を飲まない人への保険)
    ⑤マルタイラーメン(熊本出身の人が多いようなので、ラーメン恋しいはず!)

    うーん。結構な荷物になってしまった。

    俺ってホント気がきくよなー(自画自賛)
    こういう気遣いが仕事をスムーズに進めるんだよな~(自画自賛②)
    むしろ営業に向いてるかな俺?(自画自賛③)

    そして、当日。出発進行~!
    朝一の空港バスで中部国際空港に入ると
    なぜだか人だかりが。
    女性が多いな~。ん、なんか手にプラカード持って振ってるぞ。
    ・・・・・ハングルだな。これは韓流スターが来るにちまいない。
    誰がくるんだろう?

    「ギャーーー!!」

    彼女達ホントにヒマなんだな・・・。
    とりあえずギャーギャー言ってる視線の先をカメラに納めてみました。


    yonmodoki


    後に韓流大好きの家の嫁さんが調査したところによると
    ヨン様が来てたとのこと。でも、これってたぶん影武者じゃないのかな~








    centrea


    さあ、久々に日本とサヨナラだ!
    ちょっと緊張してきたなー。













    ランキングに参加しております。ポチり↓待ってます


    情けは人のためならず 情けは人のためならず 情けは人のためならず
    コメント
    この記事へのコメント
    おはようございます.

    最近気がついたのです.
    http://www.1101.com/what_eat/description.html#vol2
    約30年前の画像なのですが,第2巻の「第3集 遊牧民の遺産 ~乳製品~」の冒頭はラホールの街の風景で始まります.
    コメと水牛の乳の文化というのがとても印象的でした.

    今は車の工場ができて,様変わりしているんでしょうね…(^_^;
    2011/10/08(土) 08:06 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    cattleさん
    コメントありがとうございます!
    さすがにパキスタンまでベドウィンは来ないでしょうが水牛を連れて歩いている人は朝良く見かけましたね~
    水牛の群れの先頭のボスだけヤギのように瞳孔が細く閉じていて気味が悪かったです。夏は水につからないとやってられないんでしょうねー…真っ黒だし。
    2011/10/08(土) 19:47 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。