アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    そもそも・・・
    2011年09月29日 (木) 22:14 | 編集
    そもそもまたなんでパキスタンに行くはめになったかというと
    ハゲが悪いのである。
    私はハゲていないので以下に登場する
    ハゲが悪いのである。




    もう、この関係から離れて2年も経つというのに
    未だに延々としつこくAtten:俺でパキスタンから
    毎月分析データが届いていた。
    東京を離れてもう3年。
    担当も替わった。
    でも、メールはしつこく追いかけてくる。

    せっかく来たらひらいてしまうのが悲しい性。
    そしてひらいて見たらレスを打ってしまうのも悲しい性。
    古い会社なのでAll_Englishだとno_responseもままある。
    そして、速攻レスすると永遠にAttenからc.c.に落ちて行けない。
    分かっちゃいるけどやめられない。あーこりゃこりゃ。

    その時、データから見てケミカルが“腐っている”と思いました。
    そして、「腐っている可能性あり。」とレスしたのでした。

    そもそも、そのケミカルは一言で言うなら
    「末端をアミノ化してある重合した高分子エポキシ樹脂およびアリリル樹脂をシェルにアルコール類やオキシム類でブロックしたイソシアネートをコアになるように水系に分散すると共に有機酸で中和安定化したエマルションと末端をアミノ化した櫛形の吸着サイトを持つエポキシ樹脂で分散した微粒子顔料群を混合して水に希釈した物」
    というようなものなのですが
    これを分析したある特性から
    文字通り腐っている「=微生物が繁殖している」可能性がある
    と判断したのであった。

    トラブルシューティングを現地と東京の担当に送り
    一月後のことであった。


    TrurururururururuTruruがちゃっ

    「はい中日本チヨメチョメ部zinです。」

    「あーZinさんですか。聞きました~?
    なんかパキやばいことになってるらしいですよ。」

    「なんだ、ハゲか。」

    「ハゲって・・・ひどいなーいきなり。もうちょっと言い方あるでしょう?」

    「真実に対してひどいなんて、お前コミュニストやろ?」

    「あんた、頭おかしいでしょ?私みたいな好青年をつかまえて
     コミュニストって」

    「パキってH●NDAやろ? 腐った?」

    「え~なんで知ってんすか?
     そうなんですよ、そういう噂がなんですけど
     よくわかんなくて、
     現地はとにかく無茶苦茶になってて
     日本でちゃんとフォローしろって
     マザー工場から突っ込み入ってるらしいんですよ~。」

    「俺に言うなよ俺に。担当全然ちゃうやろ?
     しかも、もう完全に対策方法教えたし、今頃まだ
     手を打ってなかったらもう手遅れやで。
     で、電話誰につないだらいいの?」

    「いやいやいやいや、それ放っとけませんって。
     どうしたらいいんすか?」

    「まず、強力な防腐剤を叩き込んで
     それ以外の原因があるか調べて
     あれば手直し方法を見つけて手直しして、
     なければ菌の発生源をつぶして
     バイバーイって言って帰ってきたらええねん。」

    「Zinさんヒマないですか?」

    「・・・俺に行けってか?」

    「部長に代わってもらえます?」


    このハゲは危ない臭いをかぎつけるのと
    人を動かす根回しするのがとても上手なのだ。
    ・・・渡航情報見ないといかんな
    とその時点で覚悟を決めた私なのであった。







    steak_AVARI
    もー現地では毎晩このステーキ喰らってました。(水牛らしい)

    bread_AVARI
    オーダーしてからステーキ来るまではひたすら無料のパンを水で詰め込む
    酒が欲しかった~イスラム圏ますます厳しいやん!










    ランキングに参加しております。ポチり↓待ってます


    情けは人のためならず 情けは人のためならず 情けは人のためならず







    ちょっと良かったので貼ってしまった…

    コメント
    この記事へのコメント
    おはようございます.

    ケミカル・コンパウンドについては全くわかりまへんが「おもしろい」です (^-^)
    現地でのトラブルは zin さんじゃないと解決しないんですね~.

    水牛のステーキは,あまり食欲わかないです.昔,カトマンズで水牛の乾し肉食べた記憶がありますが,このソースが万遍なくかかったステーキは… (^_^;
    2011/09/30(金) 07:45 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    おもしろいと書いて頂き恐縮です。
    ・・・うれしい。(TдT)
    カトマンズってネパールでしたっけ??さんざん海外出張しておきながら実は地理に大変疎いのです。
    水牛の干し肉食べたんですねー!
    どんなシチュエーションだったのでしょうか?興味ありますねー

    コメントありがとうございます!
    2011/10/02(日) 19:47 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。