アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    謎の釣り人。それはおっさん
    2008年10月25日 (土) 17:12 | 編集
    「○シモトさーん、どうも釣りエサ売ってない風ですねー。
     市場でも行って、なんかエサになるもの買いましょうか?」

    「そやな!ほんならそうしようか!」

    私の生まれは神戸の垂水。
    明石に程近い港町で、小さいころから釣りばかりしていました。
    だから、シラチャという町も港町だけに海に近いところなら
    釣り道具屋さんやエサ屋さんがそこそこにあるに違いないと
    踏んでいました。
    ところがぎっちょんちょん。
    そんなものは、全くもってございませんでした。
    釣り道具屋だって全然ありません。

    そういやあ、会社の溝でおかずを釣っていたドライバーの
    シンちゃんだって棒切れに糸をつけて
    手作りの仕掛けで釣ってました。
    エサだってつけてなかったような・・・
    まあ、タイの魚は食欲旺盛で何でも食べちゃうんでしょうね~


    ・・・・・朝からマツダ323に乗ってうろうろしていた
    ○シモトさんと私は、そうそうに釣り道具屋とエサ屋を
    あきらめて、海鮮市場を探しはじめました。

    「なかったら、タロー(チータラのタラの部分みたいなタイのお菓子)
     でも買ってエサにしますか?」

    「いやー、海に行ったらなんかおるやろ!
     フナムシとか、貝とか。
     意外と小麦粉だけ練ってナンプラーかけたら
     釣れるんちゃうか?はっはっはっ!」

    「あっ、あそこ市場っぽいですね。行ってみましょう!」



    ・・・・・市場っちゅうか、マーケットっちゅうか
    とにかく、魚が置いてあるところがありました。
    平屋づくりで結構広そうなそこの中に入っていくと
    薄暗く、裸電球の下に様々な海の幸が並んでいました。
    土曜日で朝早いせいでしょうか?さほど人は多くなく
    全然活気ありません。

    「やっぱ、熱帯魚いてるなー!」

    「でも、スズキなんか日本と大体同じですね。
     エサにするような小魚はないですねー。
     切り身にしましょうか?」

    「エビでええんちゃう?そんなに高くないやろ?!
     このでっかい手長エビみたいなん買うていこうや!
     お腹すいたら食べたらいいし!」

    「それはやめといたほうがいいと思いますよー。」


    とか、なんとか言いながらエビを買って海に向かったのでした。


    海に着くと、もうお日さんが上がって
    海の照り返しもあって灼熱っ!って感じ。

    「ムチャムチャ熱いな~。あっ!釣りしてる人おるやん!」

    漁港の防波堤には、結構ボートだか漁船だかわからんような
    船がずらっと係留されていて、海を覗き込むと
    茶色だか緑だかわからないような妙な色をしています。
    遠くを見ると青黒く見えるんですけどねー

    一人、釣りをしているおじさんがいます。
    ちゃんと椅子まで持ってきて、麦藁帽をかぶって
    サングラスをかけて釣りをしています。
    バケツに何匹か魚が入っているようです。
    近くに住んでるタイ人風です。


    とりあえず釣りを始めると
    びんびんアタリがあります!
    おっ!?なんかおるでっっ! と勢いづいたものの
    それから30分一向に釣れる気配がありません。

    「何かあれちゃうか?ZIN。 
     口の細ーい、あのウマヅラみたいなやつが
     エサをツツキまわしとんねんで!
     絶対釣れへんパターンやわ!」

    「じゃ、針を小さくしましょう!
     ちょっと、投げてもいいですねー
     天秤あります?(投げ釣り用のオモリ)」


    仕掛けを替えて挑むことさらに15分くらいたったころ

    「おーい。かかったかかった!」

    ○シモトさんが釣れたようです。

    「ひゃー、何じゃこりゃ、熱帯魚かかったで!」


    なんと、エンゼルフィッシュを釣り上げて
    ニコニコした○シモトさんがこっちを向いて
    おいでおいでしています。

    「おーい、記念に写真撮ってーや!」

    写るんですをヌッと差し出して○シモトさんは
    ニッコリしたのでした。

    あー、あのときの写真どこにやったのかなー・・・


    ↓替わりにそん時のイメージ・・・
    xxshimotofish_20081025171206.jpg






    しばらくすると、また○シモトさんが何かを釣り上げました。

    「うわっ、気持ち悪っ!、何じゃこりゃ!?」

    見ると、釣り針に“ぬりょん”としたピンク色の物体がついています。
    見た感じは“こてっちゃん”か“マルチョウ”のようなホルモン系で
    長さ10cmくらいです。
    九州の苅田でそういう軟体動物を和えたものを
    寿司屋で小鉢に入れて出してもらったことがあります。
    似たようなもんかなー?なんて思っていると
    ○シモトさんは

    「捨てやな、捨て!」

    と言って外そうとしました。

    すると、

    「それに触ったらイカーン!!!」

    突然、そばで釣りをしていたおっさんが大声で
    吼えたのでした。

    ・・・・あんた、日本人やったんやね。






    つづく
    コメント
    この記事へのコメント
    お久しぶりです (^_^)
    画面スクロールしていって,○シモトさんのイラストが出てきた時はギョッとしました.インパクトありすぎです(笑)
    続きを楽しみにしています.
    2008/10/25(土) 17:20 | URL | cattle #0ENTe5x6[編集]
    cattleさん
    ご無沙汰しております。
    まあ、年内はあまり期待せず
    続きをお待ち下さい。
    そのうちまた、量産できる日も
    やってくるでしょう・・・
    2008/10/25(土) 22:10 | URL | zin #-[編集]
    また見させていただきました!
    応援ポチッ!!!
    2008/10/30(木) 07:54 | URL | サトシ #-[編集]
    おひさでーす♪
    熱帯魚を釣って、ぎょっ!(さぶっ)
    で、そのピンクの謎の生物は何でしょう、
    気になりますねぇ。
    猛毒があるとか??

    ・ZINさん、リハビリ中ですか、お大事にね!!
    2008/10/30(木) 09:48 | URL | ぺがさす #x4KMuVN6[編集]
    サトシさん
    再度のご来店誠にありがとうございました!stockのブログされているようで・・・このところ大変ですね~

    ぺがさすさん
    相変わらず鋭いですねーチェンマイには海がないから、見たことはないですよねー?!
    2008/11/01(土) 11:30 | URL | zin #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。