アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ベトナム⑦_Dinner of Vietnamese cuisine
    2007年01月31日 (水) 12:33 | 編集
    D本さん「あれ~・・・zinさんは~こちらに来られて~ベトナム料理を
       食べられましたか~?」

    私 「まあ、ホテルの近所で屋台とかトウモロコシとか適当に
      食べてますよ。」

    D本さん「いや~ホント~にすみませんね~何もお構いできなくて~。
      どうですか~今日、夕飯ご一緒しませんか~?」

    私 「ぜひ!」


    というわけで、おまちかね!
    ちゃんとした(!?)レストランでの食事に行ってきました。

    ハノイの街も随分わかってきたのですが
    この店の場所はイマイチ思い出せないなー・・・

    SENというベトナム料理レストランです。

    DSCF2235.jpg



    入口には観光バスが頻繁に出入りして、中国人やら韓国人の
    おばちゃんがぞろぞろ歩いてます。
    (なぜかおばちゃんばっかしなんですよねー、お父さんはどうした?)
    でかそうな店だなー

    ずんずん中に入っていきます。


    DSCF2201.jpg

    ベトナムチックな店の雰囲気


    DSCF2231.jpg

    竹炭なんかを篝火(かがりび)にしちゃったりして・・・
    素敵です。


    DSCF2202.jpg

    中は大繁盛です。奥の方にステージがあって生バンドで演奏してたりします。なかなかいいでねー。


    DSCF2204.jpg

    なんとか席を確保してまずはビールを!
    O村さんの好みでタイガービールを注文。これはシンガポールビールですねー。Made in Vietnamですけど。


    ビュッフェ・スタイルなので自分で取りに行ってちょーだいとのこと。
    あっそうなの?!ビュッフェと聞いてちょっとテンションの下がった私。
    やっぱり出来立てを持ってきてもらうのが一番ですよねー?!

    よし、出来るだけ飲み!食い!撮るぞ~!


    DSCF2205.jpg

    あっ、フォーがありますねー
    草薙くんの妹のような娘が給仕してます。


    DSCF2206.jpg

    なんだかよくわからんですがベトナムサラダですね
    あれ、手が写ってますね?


    DSCF2207.jpg

    ごめんごめん。ポーズとってくれてたんやね!
    料理を撮ってたんだけど・・・。改めてパチリ。
    ・・・・ごめん、フラッシュ忘れてた。


    DSCF2210.jpg

    これは白ご飯に豆腐スープをぶっ掛けて食べるやつですね。
    食べかた合ってるかどうか分かりませんが。


    DSCF2212.jpg

    こーんな米や穀類と


    DSCF2213.jpg

    こーんな調味料(辛子,ライム,砂糖,ニョクマム,酢,等)


    DSCF2215.jpg

    これは蟹を揚げたやつですねーカリカリしてビールのつまみに◎。


    DSCF2216.jpg

    これはベトナム風ピロシキ。中に肉が入ってました。


    DSCF2217.jpg

    これは揚げ春巻き。意外とあっさりして美味いです。
    こんなに透明でヘラッペラな皮なんですねー。なるほどなるほど・・・


    DSCF2218.jpg

    豚フライ。ベトナムの豚は美味いです。牛はダメですけど・・・
    鶏>豚>>牛の順番ですかね~・・・
    現地の人に聞くと犬が一番との声もありましたよ~


    DSCF2233.jpg

    揚げたてをお一つどうぞ!
    いい笑顔です。君をベトナムの広末と命名しよう。


    DSCF2219.jpg

    焼き貝。磯の香りが強くて美味しいです。
    この貝は東南アジアではどこでも良く食べてますねー


    DSCF2220.jpg

    焼きたてをどうぞ。新鮮なエビを炭火で焼けば
    それだけで十分です。


    DSCF2225.jpg DSCF2226.jpg
    DSCF2227.jpg DSCF2228.jpg

    サラダの数々


    DSCF2229.jpg

    かの有名な生春巻きもサラダコーナーに置いてました。
    ま、そんなに美味いもんでもないですが、さっぱりしていくらでも
    食べられます。野菜も採れるし、ヘルシーっちゃ、ヘルシーですねー
    美しいので、目に美味しいとも言えます。


    すっかり腹も一杯になったところで、
    デザートを。


    DSCF2234.jpg

    むむっ、こいつは何なんだ?デザートか?
    見たところ韓国のプッコチの赤いやつとでもいうべきか?
    はたまた、細長いパプリカというべきか?
    砂糖をつけて食べるようです。


    DSCF2222.jpg
    DSCF2221.jpg

    これはベトナムぜんざいとそのタロイモバージョン。
    わりと、しつこくて美味しいです。


    全体の感想としては、思ったよりずっと美味しかったです。
    わりと安いみたいだし(奢ってもらったのですが)
    さて、お腹一杯でどっかからはみ出そうです。


    DSCF2340.jpg

    酔ってるし道を横断する時には気をつけないと・・・・


    このお店、地球の歩き方には載ってなかったですが
    いい店だと思うので、ハノイに行かれたときには
    探してみてください。日本人全然いませんが。








    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず にほんブログ村 海外生活ブログへ
    スポンサーサイト
    ベトナム⑥_ハノイ街ック天国→地獄
    2007年01月28日 (日) 21:21 | 編集
    12月19日市場かー、何かいわくありげないい名前だな~
    よっしゃとにかく入ってみよう。

    DSCF2401.jpg


    おっ細長いけど結構いろんな店がありそうです。
    神戸の垂水あたりに昔よくあった市場と同じ感じです。

    banana.jpg

    すごいっ!バナナ専門店だっ!!
    世の中にバナナのみを売って生きている人がいるとは。
    いやー世の中って広い(@_@;)


    DSCF2406.jpg

    おっ何かネリモノのようです。
    ベトナムさつま揚げ、はたまたハンペンってな感じでしょうか。
    しかし商売っ気ないねー、完全に熟睡なさっている様子。


    DSCF2407.jpg

    おおっと子豚ちゃんです。まっぷたつにされてちょっと残酷ですねー・・・しかもこの色で中がこんなに赤いなんて・・・・熱湯かけたんですね。残酷です。奥さん普通にビニル袋に包んでもらってお持ち帰りしてますが慣れてしまえばなんちゅうことないわけですね。魚の目を見て、こわーいなんて言ってる貴女。まだまだですねー。


    riceshop.jpg

    こちらはお米屋さん。
    いろんな種類のお米がありますねー。
    お値段も全然違うようです。かたや5500ドン,かたや75000ドン
    ・・・やっぱり味が全然違うんでしょうねー。
    ちょっと買って帰ったら良かったかな?でもそんなに美味しい米は
    無かったですけど。


    fruitshop.jpg

    果物屋さんです。
    時期が悪かったんでしょうか?あんまり大したものというか
    変わった物は無かったですね~。アジア圏に行きまくってるから
    ちょっと感動が薄くなってるのかもしれませんが。
    あっ下の段右から2番目の緑色でボコボコな奴は釈迦頭という
    果物です。恐ろしいくらい甘いです。中に砂糖が結晶してジャリジャリするんですよね~。ベトナムではマンカウっていうそうです。ちなみにタイではノイナーっていいます。
    ドラゴンフルーツはベトナムが一番だと思いますが
    季節を外してしまったようです。残念。

    ----------------------------------------------------------






    ・・・・・その後、歩いてハノイ大聖堂まで行ったのが間違いでした。


    church4.jpg

    大聖堂に着いたのが13:00PM頃。
    事前情報無しで行ったのが悪かったか、門がしまっていて中に入る事が出来ませんでした。

    そこで何時に門が開くかを門の付近でスーツを着て新聞を読んでいるサラリーマン風の男に尋ねたのでした。
    14:00PM頃開くということでしばらくそいつと喋って時間をつぶしているうちに、意気投合して、そいつの車で近くを案内してくれる事になったのでした。思えばその時握手した手はまっ黄色で痩せていて、何だか貧乏そうな奴だなー飲みすぎ、遊びすぎで肝臓悪してるんかな?と思ったものでした。

    そいつの車にのっけてもらって、
    湖に行って、川に行って
    river.jpg


    railbridge.jpg

    鉄橋も見て
    railbridge2.jpg


    喫茶店でコーヒーを奢ってもらいました。
    こちらが奢ろうというのをさえぎって奢ってくれたのも怪しいし
    店内の写真を撮ろうとしたら止めとけって言ったのも怪しいかったんですが・・・


    ceramic.jpg

    ceramic2.jpg

    ceramic4.jpg

    陶芸を見につれて行かれ、

    ceramicshop2.jpg

    何か土産買って行きなよとかなり強引に勧め始めたところから
    黄色信号が頭に灯り始め・・・


    その後友達と称する奴が車に乗ってきて
    最終的には脅されてATMでお金をおろして払う羽目になってしまいました。1度おろして解放されず、2度おろす羽目になり、そして3度目を要求された時に「これは果てしない!イカン!」と思い
    走っている車から飛び降りたのでした。渋滞気味だったんでスピード出てなかったけど、全くひどい目に会いました。

    ま、世界中どこでもこんな奴はいるもんです。
    絶対にひっかからないと思っていたのですが
    自分から声を掛けて行ったので油断してました。
    ワキが甘かったと反省しています。

    日本で散歩するときでも護身用にモンキーレンチを忍ばせている私なのですが、やっぱ調子に乗るといけませんねー
    良い教訓になりました。

    皆さんも、海外のみならずウマい話には気をつけてくださいねー

    損失額3万円強也






    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず にほんブログ村 海外生活ブログへ
    ベトナム⑤_ハノイ街ック天国
    2007年01月25日 (木) 22:22 | 編集
    H●NDAの新工場立上げだったんですが、工場の中の設備を作る
    設備やさんが何故か中国のメーカーで、一週間予定が延びてしまい
    ました。そういうわけで、日曜日はお休みになったのでぶらぶら歩
    こうと外に出て見たわけです。


    DSCF2378.jpg

    今日も今日とてバイクが多いなー。ここでは車買っても
    バイクが邪魔で走りにくいよな~

    靴底がペローんと剥がれて歩きづらい・・・やっぱ靴の流通セン
    ターで特売¥780だからか?文句はいえない程度には履き込んだ
    ので現地調達しよう。

    適当に小さくて小汚いお店に入り、これこれ、この靴をくれーいと
    スニーカーを指差します。
    オネーチャンが出てきてなんか言ってます。サイズは?と聞いてい
    るような気がしたので26.5!と言うと、わかったのかわからな
    いのか、とにかく探し始めました。奥からおばちゃんも登場。たぶ
    ん娘だと思われるそのオネーチャンに
    「あんた何探してんのよ?え、26.5?」
    奥の方に戻って何足か出してきました。
    私の方にやってきて「これみーんな26.5なのよ、いっぺん履い
    てみなさいよ。ほら」と言って私にまずは座れよと勧めました。
    たぶん。

    散々値切り倒して30万ドンになりました。(1円=150ドン/両
    替レート)ナイキのパッチもんでインドネシア製です。しかし履い
    てみたところなかなかのもんです。2000円なら良い買い物だっ
    たのではないでしょうか?


    DSCF2383.jpg

    おばちゃんをパチリ。
    「何やってんのよ、アンタも入んなさいよ!」
    と娘に言ってくれたのですが(たぶん)、恥ずかしがって逃げてしま
    いました。残念。

    靴紐を結び始めると
    「あんた今履いてた靴寄こしなさいよ、何か袋にいれたげるか
    ら!」と言われたので(たぶん)、底のペローんと剥げた靴を見せる
    とハハハハハ~と笑われてしまいました。わざわざ娘を呼んで親子
    で笑われてしまいました。しようがないので一緒に笑いました。

    というわけで靴屋にバイバイして新しい靴で快調に歩き始めたのでした。

    バイクタクシーがハローハローとやかましく着いてきますが軽ーく
    無視しつつ歩き続ける私。

    あっ地鶏がいる!
    DSCF2382.jpg

    恐竜のような立派な脚です。うー美味そう。
    あいつ、いつか絶対おかずになってしまうんやろな~南無阿弥陀仏。


    しかし、犬が全然いないなーホント全く。
    駆除されていないのか、もともといないのか・・・
    あっいたいた。いました!




    Dog.jpg

    ほら


    ・・・・・食べちゃうからいなかったんですねー
    いやー立派な尻尾です。カンガルーかと思いました。
    まだ朝だから、夕方にでも食べるとするか。

    ちょっと角を曲がると工具屋さん街がありました。

    DSCF2386.jpg


    こう見えても工具マニア。心が躍ります。


    DSCF2388.jpg

    中古工具がずらっと並んでます。削岩機なんかも置いてるじゃない
    ですか!誰か買っていく人いるんかな~?
    カード使えないかな?飛行機乗れるかな??
    いかん、ここで衝動買いしては、・・・・・・・・重すぎる。


    DSCF2389.jpg

    これ、味噌じゃないですよ~。(仮に味噌ならやはりキモいが)
    グリスです。量り売りしてるんですねー・・・面白い。

    調子出てきたので今日は一日中歩くぞと!


    DSCF2399.jpg

    鉄道が街中を走ってます。
    単線ですねー・・・。どこを見ても踏み切りってやつが無くて
    その代わり各横断ポイントに警備員が2人付いてます。
    しかも女性がやっているパターンが多いみたいです。
    ほら見えるでしょ遠くに。え?見えない?!そうですか
    やはり私の視力(2.0/2.0)を基準にしてはいけませんね~
    拡大してみましょう。



    fumikiri.jpg

    ほら


    まだまだ歩くぞと!


    Lenin.jpg

    これはレーニンさん。平成の少年少女はソ連とかレーニンとか「聞い
    た事ねーや」という人もいるかもしれませんが、まあ赤の世界の中で
    は伝説的な人なわけで、共産国家のベトナムでもどどーんと銅像が
    たっとるわけです。


    DSCF2390.jpg

    こっちは文廟。
    ベトナム初の大学としても有名だそうで・・・
    この太鼓はチャイム代わりにドンドン叩いたんでしょうか?
    塀がものすごく低いので簡単に乗り越えられます。(有料)


    DSCF2392.jpg

    こーんな中華風の寺もあります。
    半パンの外人(私も外人だが)も出てきた事だし、たぶん名の有る寺です。
    ちょっと覗いてみようか・・・ん、鍵がしまっとる。中真っ暗だし。
    仕方ない・・・ガチャガチャガチャガチャガリ開いた。
    中に入って撮影してみる


    DSCF2393.jpg

    ・・・・・ちっ!何も無い。

    こんなバチあたりな事をしつつ歩いていると、見つけました。
    あった、あった。見てみたかったんだよなー。市場


    DSCF2400.jpg

    場所を確認12月19日市場か~由緒正しい市場なのかな?
    見た目小さいけど。
    とにかく入ってみようっと!


    (つづく)








    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    ベトナム④_Good Morning Vietnam!
    2007年01月22日 (月) 15:28 | 編集
    hotel4.jpg

    朝起きると今日も曇っています。うーむハノイっちゅーのはロンド
    ンみたいなもんで晴れるっちゅーことがないんかね?しかし。
    黒く佇むザンボー湖を見下ろして一日が始まります。

    でも低く雲が垂れ込めているせいでベトナム戦争のときにハノイは
    空爆の被害を免れたというんですから、曇っててこそのハノイなん
    でしょうねー・・・


    breakfast2.jpg

    ホテルの朝飯はバイキング。これは大体どこでもそうですねー
    野菜オムレツを作ってもらいます。
    オムレツを作っているのになぜかすし職人に見えるのは何故でしょ
    うか?

    breakfast.jpg

    ちょっと合わないけれど朝からフォーもいただきます。
    やっぱり青空レストランで食べる方が圧倒的に美味しいです。
    ダシがちがうのかなー・・・


    newspaper2.jpg

    部屋から持ってきた新聞を読んだりしますが、日本語が無いので
    斜めに読んでいきます。この日は朝青龍の記事が載ってましたねー
    スモーレスラーのヨコヅナといえば世界でもスターです。




    小腹を溜めたら出発です!
    駐在の人の運転手が車でホテルまでお迎え。
    毎朝ごくろうさん。会社ではゴロゴロしてるんだろうけど・・・

    DSCF2379.jpg

    今日も今日とてバイクで一杯です。
    みんなヘルメットを被ってないでしょ?

    そうなんです。でも、まだヘルメットを被れという法律が無いわけ
    ではないのです。(ココ注意!)

    実は以前ヘルメットを被らないといけないという法が実施された
    そうなんですが、事故が多発したというのです。

    何故かって?それはここベトナムでは誰も彼も
    ピー♪,ブッブー♪,パパー♪,パラリラパラリラ♪,ニャー♪と
    クラクションを鳴らせまくるのです。

    クラクションによってお互いの存在を感知しながら走るわけで
    ほとんどコウモリと同じです。恐るべしベトナミーズ・・・

    もう分かりましたね?!ヘルメットを被ると
    クラクションが聞こえなくなって事故が多発したというわけです。
    そんなわけでハノイ市街ではヘルメットは禁止(!)となったわけ
    なんです。


    DSCF2780.jpg

    駐在のO村さんのお家に着くとちょっと一服。
    塀の前にいつも野菜売りのおねーちゃんがいます。

    かわいい子なんですが恥ずかしがってなかなか写真をとらせてくれ
    なかったっちゅー話です。内緒でパチリ、ミラーマン植草にでもな
    った気分です。スマソ


    DSCF2380.jpg

    朝ごはんはフランスパンって人も多いみたいで
    こんな青空食堂も良く見かけます。

    DSCF2376.jpg

    芋やとうきびを茹でたやつもあちこちで見かけます。
    イモおばちゃん!一枚どや?!あれ恥ずかしいの?
    まんざらでもないくせに~
    DSCF2377.jpg



    ・・・しかしヘルシーですねー、こんなもんばっかり食ってるせい
    でしょうか?さすがにベトナム人は痩せてる人が多いです。
    (さっきのおばちゃんはイモの食い過ぎでしょうが)
    身長もめちゃくちゃ低い人ばっかりです。
    身長174cmの私もベトナムではちょっと大きくなって気分を
    味わえるってもんです。


    さてO村さんが蒸気機関車みたいに煙草の煙をモクモク吐きながら
    出て来ました。眠そうです。出発進行!


    DSCF2451.jpg

    会社まではホテルから約1時間。
    こんな畑を眺めながら車は走ります。

    NPV.jpg

    到着~!ここがうちの会社の現地合弁会社

    ここで一旦打ち合わせをしてからH●NDAに行く。
    それがベトナムでの一日の始まりなのです。



    次回はハノイ街ック天国!ぶらぶら歩きます~




    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    ベトナム③_やっぱフォーでしょ?!
    2007年01月19日 (金) 23:52 | 編集
    今日も今日とてハノイの街ではバイクだらけです。
    DSCF2332.jpg



    前回フォーのインスタント版袋麺を紹介したので
    「インスタントかよ!?」というツッコミがあちこちから聞こえてきそうです。しかし、物事には順番というものがあるわけです。
    今回はみなさんも聞いた事がある本物のフォーをご紹介しましょう!
    フォーってなんじゃらな?とおっしゃる貴兄に解説。
    フォーはベトナムの代表的な麺料理で米の麺です。
    まあ、ビーフンとかタイのクイッティアオと同じですねー。
    ダシは鶏ベースでしょうか。さっぱりしていて美味しいです。


    pho1.jpg

    ハノイの冬の夜は結構冷えるので、夜にこういう青空食堂でフォーをすするのはいいもんです。

    色々書いてますが
    フォー・ボーの店が多くてここはちょっと変わった店でいろんなメニューがありますね~。
    フォー・ボーは牛肉
    フォー・ガーは鶏肉
    です。

    フォーの麺はわりと細いお店と、平たいお店があります。
    平たい方が美味いです。個人的に。
    どっちみち乾麺を茹でた後のやつがおいてあって
    それを再び湯がいて入れるのでもうノビノビサロンシップです。
    ま、慣れれば美味いです。

    とにかく頼んでみましょう
    「チョトイフォーボー(牛のフォーちょーだい)」
    おばちゃん勘がいいようです、すぐ作り始めました。


    pho7.jpg

    こちらがフォー・ボー。ベトナムの牛は固いので
    さっと湯がいて半生くらいで入れてきます。
    びっしりしきつめてありますねー


    pho8.jpg

    ベトナム葱がたくさん散らしてあります。
    ほら、麺が平たいでしょ?うん。美味い。飽きない味です。


    この店はホルモンも色々置いてたので頼んで見ました。

    「おばちゃん、おばちゃん、これ何よ?」


    pho3.jpg

    写真中央のものを指差して訪ねると、おばちゃんはにっこり笑って
    自分のこめかみの辺りを人差し指でつんつんと指差して何か言っています。

    ・・・・・・あ、脳か。

    とりあえず、頼む私。

    おばちゃんは脳を湯がき始めました。
    ものすごい長い時間茹でてます。なかなか中まで火が通らないんでしょうか?10分くらい湯がいたんじゃなかったかなー
    茹で上がった脳をザッザッとざるで湯切りして
    一口サイズに切って、フォーと同じスープに入れて出してくれました。


    pho4.jpg



    さてさてお味の方は・・・・





    うまいっ!びっくりしたっ!
    アン肝とタラの白子の中間くらいのイメージでクリーミーで濃厚。
    しかも上品な味でした。


    食膳の世界では、病気の人は自分の悪い所と同じ部位を食べると
    良いといわれているそうです。つまり、脚が悪い人は脚を、肝臓が悪い人はレバーを食べれば良いわけです。
    私も何回か脳みそを食べておからのようにモロモロだった脳が
    少しは再生したでしょうか・・・



    今回は食材をガンガン撮ってきたのでまだまだこれから!
    お楽しみに~








    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    ベトナム②_Street Bakery/フランスパンを焼くオバハン
    2007年01月16日 (火) 23:59 | 編集
    とりあえず、ホテルの周りをぶらぶら歩いてみました。


    streetbike.gif
    F5で動きます

    バイクが多いな~。こんなにバイクが走っている国は
    他に無いだろうなー・・・道を渡るのに一瞬ためららってしまいます。
    こういうところは走ると危ないんですよねー。ゆっくり存在をア
    ピールしながらじわじわっと歩いて横断すれば向こうが避けてくれ
    るんですねー。


    探すのはコンビニ。
    ベトナムにもコンビニあるかなー?


    20070111000201.jpg

    夜遅いけどまだ開いてる青空食堂がありました。
    タイのそれと作りは全く同じです。
    ま、今日のところは勘弁しといてあげよう。

    あ、コンビニ発見。直ちに入ります。


    grossary2.jpg

    やっぱニョクマムとか売ってるな~!あれ?!なぜかわさびも置い
    てます。とりあえずお菓子とビールをゲット


    oishii.jpg

    おいしいと書いてあるので美味しいです。
    ピリカラかっぱえびせんという感じ。タイのやつは本物のカルビーもありますがこちらはパッチもんのみ。


    beerVietnam.jpg

    地元のビールも各種購入。
    ハイネケンは違うやろですって?いえいえ、made in Vietnamでご
    ざいます。この中ではBEER HANOIが苦味があって美味しかったです
    ねー!


    instant4.jpg

    こいつはお土産にと。インスタントのフォーです。
    持って帰って食べましたがこれは非常に美味いです。
    麺は別に湯がいてからスープに入れると良いです。
    麺がシコシコして本物のフォーより美味いかも?!
    あー箱買いすれば良かったー・・・

    さ、色々購入してホテルに帰るぞと。


    corn2.jpg

    途中でとうもろこしをふかしてました。
    こういう店は至るところにあって、良く見かけます。
    買って食べてみましたが甘くて美味しいです。
    一本5円くらい!

    なんか七輪を置いて焼いてるなーと思ったら
    フランスパンを焼いてました。そういやベトナムはフランスの植民
    地になっていた時代があってフランス様式の建築やフランスパンの
    製造方法なんかは伝承されてるてなことを聞いたような聞かなかっ
    たような・・・
    streetbakery.gif
    F5で動きます

    カメラを向けて撮っていいかい?と日本語で言うと
    何だか喜んでいるのか、嫌がっているのかわからないようなリアク
    ションでした。あさっての方を向きながらピースしているあたりシ
    ャイなのに自己主張が強いようです。
    フランスパン買うの?と聞いているようでもありましたがさすがに
    ベトナム語は喋れないので、とうもろこしをもぐもぐ食べながら
    「いやーこれで十分やねん。また来るからね~」と言ってバイバイ
    しました。
    しかし、寒そうにして厚着してるのに足はサンダルなんですねー


    ベトナム紀行はグルメ紀行、まだまだ始まったばかりですよ~








    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    ベトナム_初日/おっさんと爺さんにはかなわん
    2007年01月13日 (土) 23:59 | 編集
    丸々と太ったM瀬部長は欠けた前歯の所からタバコの煙を吐きながらこういった筈でした。

    「次のベトナム立上げ誰か若手に行かせたらええやん。
     O幡くんとかいっぺん行ってもらったら?
     海外もいつまでもキミ一人じゃいつか困るしなー・・・」

    「そうですねー、O幡君なら大丈夫かもしれませんねー」

    喫煙室でモクモクモクと煙を出しながら私と部長はそんな話をしたのは去年の8月頃だったでしょうか。

    去年10月末のこと

    「zin君ベトナムいつからなん?ちょっと遅れそう?
     ああそう11月末から?! ま、頼んだで!」
    ポンっ(肩をたたく)

    ・・・このオッサン絶対アルツハイマー患っとるな。



    しようがないのでたちまちビザを申請してチケットも手配。
    (ここらへん事務の人がやっといてくれると助かるのに・・・ブツブツ)

    現地に日本人が二人駐在してるということだったので連絡を試みたのですが、何度携帯に電話しても取ってくれないし、メールをしても返事がない。どうしよう。仕事の前情報もゼロだし、資料を山のように送っているのに現地スタッフにちゃんと渡されているのかとかわからんし、大体ホテルの予約とか空港でのピックアップどうするつもりなんだろう。頼むよD本さん・・・

    結局出発直前に電話がつながったのですが


    「はい~D本です~。あ~zinさん~~
     なかなか連絡できなくてすみませんね~~
     資料もなんだかたくさんもらってるのに
     申し訳ないですね~~~」

    調子狂うなー。相変わらずゆっくり喋る人やな。
    ま、とにかくホテルの名前と空港に迎えがあるのか無いのかだけははっきりさせとかないと!

    「あ~ホテルはもう予約してますよ~
     ハノイホテルというホテルです~。ちゃんとしたホテルですし何 心配する事ないですよ~」

    予約済んでるならなんで教えてくれへんねん?!そこらへん感度合わんわ・・・。ま、ヨシとして迎えは?

    「迎え、迎え・・・
     Ah~~ Mr.Thai could you pick up Mr.Zin next Sunday to airport? Yes.Yes. at night. OK? あ~~すみません。こちらにMr.Thaiあ~タイさん。タイランドのタイという名前です~。彼が技術のマネージャーなんですが彼が行くかどうかはわからないですがとにかく誰か迎えに行くので大丈夫です~。」

    爺さんあなたの頭は大丈夫なのか?


    ------------------------------------------------------------

    というわけで行って来ましたベトナム出張。
    成田からハノイへ直行便で出発!ベトナム航空便なので
    マイレージが付かないんです・・・トホホ
    バンコク経由だったらタイ航空でマイレージ付くのに。ちぇっつ。(セコい)

    空き時間が出来た時のために大体いつも空港で文庫本を何冊か
    買っていくのですが、今回は『疾走』(重松清)を買っていきました。
    ちょっと面白すぎて飛行機で寝る事が出来ませんでした。
    しかも、到着は夜中だったのですが、たまらず読み続け初日から
    寝不足状態となってしまいました。
    やはり、あまり面白い本を持って行ってはいけないなーと反省した今回の出張だったのでした。

    ------------------------------------------------------------


    airporrt.jpg

    こちらがベトナム空港。JAL便じゃないかって?鋭いですねー
    提携便なんですねー。JALでチケット買ってもマイレージ付かないらしいです。


    いよいよ入国。入国審査で並んでる時に一枚。
    なんだか軍人っぽい人がたくさんいるのでちょっと写真も
    ブレブレです。

    airport2.jpg

    おっ、いきなりアオザイ女性発見!
    なるほどカッチョいいなー
    真ん中にあるディスプレーはサーモグラフですねー
    鳥インフルエンザ対策でしょうか??

    イミグレーションはすぐ終わり、荷物もすんなり受け取り
    迎えはタイさんが自ら来てくれ、すぐわかりました。


    20070110222803.jpg

    彼がタイさん。ベトナム人らしい眼窩の張って頬骨の高い顔をしています。なかなかのナイスガイでベトナム人らしからぬ働き者でした。

    車で走る事50分。ハノイ市街にあるハノイホテルにチェックイン。
    部屋に入ったときには0時になっていました。


    hanihotel1.jpg

    こんな部屋。まあ一応四つ星ホテルらしい。


    hanoihotel4.jpg

    11階の部屋から夜景が見えます。
    ザンボー湖という湖のほとりにあるんです。


    refregerater.jpg

    さて、まずビール飲んどこう。おっこれはベトナムビールだな!


    次回以降、グルメ写真満載で行きますよ~
    乞うご期待!!







    ランキングに参加しております。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド初年度_(20)_タイでの健康について考える
    2007年01月10日 (水) 23:59 | 編集
    いやー年末に暖かい国から帰ってきてなかなか風邪が治りません
    毎年同じこと言ってる気もしますが・・・

    四季があって比較的暑いのにも寒いのにも強い日本人はやはり最強です。
    アメリカンインディオからイヌイットまで・・・
    モンゴロイドの遺伝子は世界最後日まで残るのに違いありません。

    ところでこの頃、天候不順なタイランド。
    亜熱帯からいよいよ熱帯へと突入か?と思わせつつ
    寒波にも見舞われたりしてなんとなく不安定。
    地震も来たし、クーデータやテロも起こったし、
    天国ではなくなってきたのでしょうか?

    ま、それは置いといて基本は暑いタイランド
    年間を通して最も寒い冬の日の朝で
    気温は20℃程度。
    しかし長くタイに暮らすと恐ろしいもので
    20℃になるとえらく寒く感じてしまうのです。

    そう。タイ人の肌は汗腺が全開!
    ラジエーター効果で冷やしまくっています。
    そのためみんなガンガン水を補給します。
    タイ人のラジエーターのような皮膚は
    冷却に特化しているので、寒いところには全然対応できません。
    具体的にどーゆーことかと言うと、
    鳥肌が立たないのです!

    ええー嘘やん?!とおっしゃる貴兄に釈明致しましょう。

    私も5年の駐在を経て帰国し、初めての冬を迎えたときのことでした。

    さ、さ、さぶう~
    こればっかし繰り返しておったわけですが、
    何と言うか、こう、寒さで身が引き締まるという感覚が無く、
    ただただ冷えていくという感じだった
    ことを思い出します。そのとき、自分の肌を見ると
    がーん・・・こんなに寒くても全然鳥肌が立たないのです。

    ああ、立毛筋が弱ってしまったんだなーとほほ。
    ritsumoukin.jpg

    ま、今ではすっかり元に戻りましたが
    それでも寒さにはからっきし弱くなってしまいました。

    わずかな期間で私をそんなにしてしまったタイですから
    タイに生まれついた人々がどれほど寒さに弱いのか
    想像に難くありません。

    例をあげて言うと
    異常気象で地域的に15℃くらいに気温が下がると
    凍死者が出る! とのことです。

    ま、凍りゃしないと思いますが
    体温調整ができないんですねー。合掌

    タイでの風邪は冬場に気をつけないといけないかというと
    (日本人にとっては)そういうわけではないです。
    冬場に薄手の長袖シャツで過ごすととても快適です。
    (昼は暑いですが)

    しかし気をつけなくてはいけないのは夏場!
    どこでも狂ったようにエアコンガンガンですので
    ブルゾン等の羽織るものをどこでも持っていかないと
    クーラー病で直ちに死にます。

    夜、寝汗をかいてクーラーで冷えて元気が出ないというパターンもよくあります。ホテルでもエアコンは切って寝ましょう。
    朝は寝汗をかいているのでシャワーを浴びる事。

    また、夏場たくさん蚊に刺されても熱が出ます。
    マラリヤやデング熱というほどでなくても熱が出ます。

    熱射病にも気をつけないといけませんし
    屋台の魚介類も夏場は気をつけなければ・・・(ま、これは年中ですが)
    和食の店の冷奴も要注意です。

    夏場暑すぎるため外に出ず、運動不足が原因で
    体調を崩す事もあります。

    どこの国でもたくさん食べてたくさん運動して、よく笑う(ここ大事)
    これが全てですねー

    ゴホゴホ・・・どうも私は日本だけには向いていないようです。




    次回からはしばらくベトナム紀行、行って見よう!

    ------------------------------------------------------------

    これぞ正統派タイ美人!
    日本でCMタレントになったら話題騒然ちゃうか?!

    DSCF0146.jpg








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド初年度_(19)_タイ人の骨格について考える
    2007年01月07日 (日) 23:59 | 編集
    こんばんはzinです。
    今回のお題は「タイ人の骨格について考える」です。
    まずは次の写真を見て頂きましょう。
    metmenrak_1.jpg

    これはメットメンラック。(バジルの種だったかな?)
    見た目はゴマみたいなもんです。

    metmenrak_2.jpg

    小さじに一杯コップに入れて熱湯を注ぐと・・・

    metmenrak_3.jpg

    たちまち・・・

    metmenrak_5.jpg

    こんなに膨張するんです。

    後は冷やして合成甘味料かなんかをたっぷりかけて頂くわけです。
    これはタイ人女性が産後にダイエットする時に活躍する食物です。
    バジルかなんかの種だと思うのですが、これで腹いっぱいにして
    ちょっと我慢してダイエットして何食わぬ顔でお母さんは産後
    1週間くらいで職場に復帰するんですねー・・・すごいですねー

    -------------------------------------------------------

    だからなんやっちゅーねんと思われましたか?
    いや、すいません。

    つまりタイ人女性も世界のあまねく女性と等しく
    ウエストラインが気になってしようがないものなのです。

    体重は消費と代謝のエネルギー収支の差によるものですので
    タイ人だって当然肥満になります。
    先々代のチャワリット元首相なんてジャバ・ザ・ハットみたいな
    嫌な太りかたしてましたし・・・


    ここで

    ※ええー!街中の女の子みんなすっごい細いわよー(23歳OL)

    ※飲み屋のオネーチャンもみんな細いねー。タイ人てスレンダーじゃん?!(39歳会社員)

    ※あいつらみんなガリガリや!しばいたらボキボキいいそうで思いっきり打たれへんねん。俺ホラ根が善人やし・・・(18歳ボクサー)

    と色々意見はあるようですが
    その真理は、私の視力2.0+αで一重の目が完全に見抜きました。
    女性の敵と言われた私の観察眼は服のみならず、はたまた
    肉さえも透き通して骨格を観察することができるのです。

    解説致しましょう。

    タイ人は骨が細いんです。ポキッと折れそうです。
    折れないとこをみると骨密度は高いのでしょう。そして、関節も細いです。
    そのため少々肉がついても太っているようには見えないのです。
    ベトナム人やインド人のように手足が長いわけではないです。

    さらに言うなら、骨盤が縦に短く尻が上がっているために
    足が長くスタイルが良く見えるという事もあります。

    つけ加えて言わせてもらうなら
    頭が小さいんです。ただし、頭蓋骨に占める顔面の表面積が
    広いために知的に見えないという欠点があります。
    これは特にタイ南部の色黒で背の低い人にありがちな特徴と言えますね~

    100均で万年筆を仕入れてきたので
    イメージを描いて見ましょう。
    20070102231044.jpg

    うーん全国的に大雑把にこんな人が多いでしょう。たぶん。
    とりあえずスキャナの動作確認ができて良かったです。

    -------------------------------------------------------
    こんな美しい彼女も・・・たぶん絶壁でしょうか?!
    bruzongirl.jpg









    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド初年度_(18)_“アヤさん”
    2007年01月04日 (木) 23:59 | 編集
    そうそう、ソムタムを作るところだけ紹介して物自体を紹介して
    いませんでした。こちらが実物です。手は嫁さん。
    somtamthai.jpg



    ソムタムっちゅーのは生の青いパパイヤをササガキゴボウみたいに
    ポクポクポクポクつついて中に唐辛子とか、干しえびとか、変なサヤインゲンを長くしたみたいな野菜とか、プチトマトとかと特製タレを入れてまた、ぽくぽくぽくぽくツツくのです。ピーナッツを入れてまたちょっと突付きます。独特の食感と味と辛さ!

    ソムタム,カオニャオ(もち米:蒸して頂く),ガイヤーン(焼き鳥:地鶏で炭焼き!とてもおいしい)はタイの東北部の人のみならず、タイ人なら誰でも大好き!日本人も大好き!安くておいしい。お腹も一杯になってしかもヘルシーです。ソムタムの汁をカオニャオに付けて食べる。
    これまたウマい~!

    あー書いててまた食べたくなってきました。
    このソムタムは作り手とタレで随分味が違うので
    店を選ぶ必要があります。

    辛さは日本人なら一人前にプリック(青唐辛子)を2~3個くらいでしょうか。辛さに弱い人は1ヶで良いでしょう。辛さに自身のある人は
    4~5個くらい入れてみては?!私は5個入れてましたが・・・


    お勧めの店は・・・・やはり屋台で繁盛しているところでしょうか
    トンロー警察の近くでドラム缶を改造してガイヤーンを焼いているおばちゃんの店が美味しかったのですが、まだあるかなー??
    トンローばっかしで申し訳ないのですが、レストランならトン・クルアンというトンローにある店が美味しくてしかも結構安いです。
    「タナッシーおじさんのどんぶりマーク」が付いてる店は美味しい!
    というのも駐在者の間では有名な話ですが、この店どんぶりマークついとります!
    donmark.jpg


    -------------------------------------------------------


    ・・・本題に入る前についつい熱くなってしまいました。

    タイに駐在する人の最大の特典の一つとして
    「安くて、メイドさんを頼める!」というのがあります。
    タイではメイドさんのことを“アヤさん”と言います。
    何で“アヤさん”なのかは諸説ぷんぷんですがまあとにかく
    “アヤさん”なのです。発音注意

    個人で雇う人は、評判のいい人を前任の人や日本人から紹介してもらったりしますが、サービスアパートやコンドミニアムでは建物の地下に“アヤさん”が住むとこがあったりして、最初からセットになってたりします。

    日本のメイドカフェもびっくりの若いお姉ちゃんばかりなのですが、セットでついてきたメイドさんはものすごい田舎もんでタイ語もなまりが激しくて何言ってるかわからないほどです。純朴なイモねーチャンなのですが、良くお腹をこわしたと言っては休み、家族が病気と言っては休み、なかなかしょうがないお姉ちゃんだったかもしれません。大体やせてる人が多いのにちょっと肥えてたもんナー…

    週に三回掃除・洗濯をお願いしていたのですが
    これは楽ですねー!散らかしても片付いてるし、汗をかいた
    洗濯物をポーンと置いとくと、ピシッとアイロンがかかっておいてあるのです。ジーンズでもトランクスでもビシビシに糊を効かせてアイロンをかけるのには参りましたが・・・
    めったに会うことは無かったのですが、会ったときはちょっとチップをあげることにしてました。
    そのせいか机の上に小銭を置きっぱなしにしていてもあまり取られることはありませんでした。

    どっかで見つけてきたおねーチャンを囲ってお手伝いさん代りだといってる人もいるようですが、そんな人は稀でそんな玉の輿狙いのおねーチャンが真面目に働いたりするわけはないのですが、束縛したいのでしょうか?ま、昼間会社に行ってる間までは束縛できないですからねー。高くつくだけ損というものです。

    大体相場は月3000バーツ(1万円くらい)くらいだったでしょうか。
    食事、住み込みで毎日等オプションで色々値段が変わるようです。
    私の部屋にも元々小さなメイド部屋があり、そこに住まわせるっちゅーことも出来たんですが何となく落ち着かないし、まあ主に職場にいてあまり家も汚れないので週3くらいでちょうどでしたねー

    N阪さんのとこの“アヤさん”はネパール出身で英語が喋れるという特技があり、料理も得意、買い物上手で市場で安くて美味しい食材を買ってきてはタイ料理だのネパール料理だの作ってくれるとのことでした。
    (ちゃんと教えて和食も少しは作れるようでしたが)


    いずれにしても生涯で運転手&メイドさん付きの生活なんて
    日本ではなかなかできるものではありません。
    タイに駐在赴任するとき、大体は奥さんが嫌がり、
    帰国するときも、これまた奥さんが嫌がる理由と言うのは
    ここらへんにあるんでしょうねー



    -------------------------------------------------------
    いやーいい笑顔ですねー微笑の国、本領発揮です。
    DSCF0176.jpg








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず情けは人のためならず情けは人のためならず
    タイランド_初年度(17)_初めてのお買い物
    2007年01月01日 (月) 13:39 | 編集
    あけましておめでとうございます。
    皆様正月はどこでお過ごしですか?
    この記事がupされているころ私は日本にいることと思います。
    今年も良い年でありますように・・・・・
    ・・・今年こそは良い年でありますように。

    今年も仕事は頑張って、ブログもほどほどに頑張ります!
    応援よろしくお願いいたします~

    toriningen


    -------------------------------------------------------

    私は今までにかなりの数引越ししているんです。
    神戸で生まれ、鳥取、鳥取で部屋を引越し、
    横浜、千葉・浦安、福岡・苅田、バンコク、バンコクで部屋を引越し、
    大阪・吹田、大阪・枚方、神奈川・川崎と転々としております。

    引越しした時、当日まず部屋にないといけないのは何か?
    ①灰皿 ②雪平鍋(小) ③マグカップ ④布団 ⑤部屋着と下着の着替え

    要は湯沸かして、コーヒー飲んで、煙草吸って、寝れれば良い
    というスタンスですね。
    コンビニで箸もらえば袋ラーメンも作れます。もちろんコンロが
    ついてなければ買わないといけませんが・・・



    その次に必要になるのは
    ①トイレットペーパー ②ゴミ箱&ゴミ袋 ③お風呂セット(タオル、石鹸、シャンプー) ④洗濯機と洗濯セット(洗剤、洗濯バサミやタコ脚等)
    生活感にじみますねー



    そして生活に潤いを与えるもの
    ①エアコン ②冷蔵庫 ③調理セットと調味料 ④衣類 ⑤AV機器⑥PC関係

    まあ、ひとそれぞれなので衣類を上位に入れたい人もいることでしょう。
    これ以上必要なものは座椅子くらいで、もう他のものは引越しの時捨てる対象以外のなにものでもありません。




    さて、バンコクにやってきたときダンボール30箱もの荷物を詰めて送っていたのでとりあえずは何不自由なく生活をスタートしたのでした。とはいうものの色々日用雑貨を買わなければ。
    当時はソイ49にVillaSuper(欧米人向けのスーパー,安い)が無かったので、前出のソイ39フジスーパーへと向かったのです。

    当時はタイ産のコシヒカリやヒトメボレ等のブランド米が無かったので日本人が買っていく米と言えば、カリフォルニア米でした。
    メジャーなものは①田牧米 ②牡丹米。
    内面アルミコーティングの紙袋に入っていて2kgパック。
    家族で食べたらすぐなくなっちゃうよなーとか思いながら買ったものでした。少し細長いもののまあまあの味で随分お世話になりました。

    インスタントコーヒーはやはり日本製のものが世界一ィィィ!
    NESTLEのものがメジャーですがどれもこれも安っぽい味です。
    だから、豆を買って行った方が良いです。
    今時はタイにも至る所にスタバがあるようです。
    当時、美味しいコーヒーを飲ませるみせがあったら絶対流行るのにと思っていましたが、やっぱり進出してきましたねー。

    タイのコーヒーはインドネシアやベトナムもそうなんですが
    濃くて苦いです。お湯で半分に割って牛乳と砂糖を入れて良い位です。地元の人はこれにアホみたいに大量に砂糖を入れて、ミルクを入れて、さらに練乳をたっぷり入れます。絶対虫歯になるで!キミら!



    タイのスーパーで手に入る美味しい日用食料品
    ①オレンジジュース・・・・つぶつぶ入りで甘い。ついつい一本飲んでしまいます。

    ②香草(バジルやパクチー等)・・・・安くて美味い。日本で買うとばかばかしいほどの安さです。

    ③豚・鶏肉・・・・最近はCPグループ(タイ最大の財閥の一つでチャラン・ポカパングループ)のブロイラーばっかしですが、市場に行けば美味しい地鶏が安く手に入ります。豚も同様。






    -------------------------------------------------------
    後ろの前田吟みたいなおじさんは実はワークスライダーなんです。
    多分頑張ったら勝てそうです。
    motorgirl_honda_1








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず情けは人のためならず情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。