アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    タイランド初年度(16)
    2006年12月29日 (金) 23:59 | 編集
    puupatponkari.jpg

    こいつは、プーパットポンカリー(タイ風カニカレー)っつーやつです。日本人好みのするタイ料理ランキング堂々の一位。まさに大人気!!
    そんなに美味いかな~?と思わんでもないですけど、これでご飯を食べるのが最高!と言われる方が後を絶ちません。
    これの難点は食べにくいこと。普通に頼むとカニの殻ごとやってきます。可能なら殻無しを頼みましょう。
    どうやって頼むかって?
    そうですねー「ヌア・チョイチョーイ(肉のとこだけね)」と言ってみてはいかがでしょうか?!
    難しそうなら私をお誘いください。暇があれば・・・

    -------------------------------------------------------

    赴任してすぐの一人きりのソンクランをなんとか乗り切った私は
    ようやく会社のみんなに顔を合わせるのでした。
    調子良くいつも良く喋るO野さんと副社長のY鋪さん以外に
    もう二人の日本人駐在者がいました。

    一人はS田さん。
    スリムで神経質そうな顔をしています。
    「俺はタイには遊びに来たんや!」と公言してはばからない人で
    なかなかのひねくれ者です。
    洒落で買ってきたコンドーム12箱を手渡して

    「どうぞ、お土産です!」

    と言うと、むずかしーい顔をして

    「うわー!こんなんもらってどうしよ!?
     赴任してる間に使いきれるかなー?」

    といいリアクションをして頂けました。
    なかなか優しい人のようです。


    もう一人はN阪さん。
    30代なのに100キロ近い巨体を持つ人で
    いつも目がすわっていてちょっと怖い感じです。
    唯一営業職で駐在している人で、副社長のY鋪さんを除くと
    唯一肩書きを現地でもらっている人でした。
    個室と秘書(♂)があって、ほとんど会社にいません。
    たまに居るときは随分遅くまで残っているようです。

    「失礼しまーす」

    「おお、zinか。よろしく。
     コラート行って来たらしいな。どうやタイは?」

    「いやーまだよくわかりませんねー。
     でも、タイ語は勉強しないとだめみたいですねー。」

    「そやでー、タイ語は勉強せなあかんでー。
     俺も一時一所懸命勉強したんやけどなーあかんかったわ。
     それで、こいつに秘書やってもらってんねん。」

    小柄な人が同じ部屋で何か書類を一所懸命書いてたのですが
    振り返ると

    「私、ジャトロンといいます。よろしくお願いします。」

    と発音になまりがあるものの、賢い人らしいハキハキした
    しゃべりかたで挨拶してきました。
    小柄で丸いメガネをかけたアライグマのような顔をした
    タイ人でした。後に彼に職場でのタイ語を色々教えてもらうことになります。

    「zin。お前、ゴルフするんか?」

    N阪さん突然の質問

    「いやー、ちょっとしたことはありますけど下手もいいところですねー」

    「ちょっと練習して上手くなれやー。
     今、うちの会社は下手くそばっかしであかんねん。
     お客さんとゴルフに行っても、今のメンバーではちょっと
     はずかしいからなー」

    「お前、今日ひまやろ?飯食いにいこか?
     O野さんとS田さんはどうせ暇やろ。みんなで一緒にいっとこか

    ガチャピッピッピッピッ

    「O野さん?今日ちょっといきましょか。みんなそろってるし。
     そこにS田さんいんの?ちょっと聞いてよ。行けるか。行ける?
     じゃ後でまた電話しますわー」

    えらそうな人やなー。まあもう4年目やっちゅーから
    主みたいなもんなんかなー…と思う私なのでした。

    そのときは後に5年も駐在するはめになろうとは想像していませんでした…


    -------------------------------------------------------
    若いころの天地真理さんをもう一つ別嬪にしてスタイルを良くした
    見たいな感じですねー…何か明るい感じの顔でいいですねー
    amati.jpg










    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず情けは人のためならず情けは人のためならず
    スポンサーサイト
    タイランド_初年度_(15)
    2006年12月26日 (火) 23:59 | 編集
    日本人の好きなタイ料理シリーズ第三弾


    pakbunfaideen.jpg

    パクブン・ファイデーン(空芯菜のピリカラ炒め)
    現地の店ではニンニク,唐辛子が思いっきり入っているので
    少し唐辛子を減らしてもらうと美味しく頂けますよ~♪


    opunsenn.jpg

    オプ・ウンセン(春雨中華風炒め)
    酸っぱくて辛く、パクチー(コリアンダー)の入っているヤム・ウンセンは
    日本人にはあまり向いていないよう。私はヤム・ウンセンの方が好きですが・・・
    ウンセンは春雨のこと(だと思って今日まで生きてきた)


    ---------------------------------------------------------------------




    更にソンクラーン歩行記は続く・・・

    スクンビットのソイ39まで全ての枝道を通り戻りつ歩いたとき
    当時は飛脚の如く健脚だった私も随分よろついていました。
    もう帰ろうかなと思い始めたときでした。
    比較的新しい大きなスーパーが。
    名前を見てみると“UFM FUJI SUPER”

    おおっ。これがうわさに聞いたフジスーパーか!
    ソイ31にあるって聞いてたけどここにもあったんやな!
    閉まってないかな~どうかな~
    やった!開いてました。ばんざーい!

    入ってみると日本語のタウン誌なんかも置いてます。
    和食のお店やラーメン屋もあるではないですか!
    えい、しまった、くそーこんなことなら着の身着のまま来るんじゃなかった!
    まあいいや。次からここには真っすぐやってこれる!
    なにしろ、ここまで細かくメモしたんだからなー・・・
    地図作ったら売れるかもしらんな。

    日本語に飢えていた私は椅子に座っている見ず知らずのおじさんに
    声をかけたのでした。

    「あのーすみません。日本人の方ですよね?
     私、今度〇#★¶という会社で赴任して来たばっかりの者でして
     会社の日本の人も誰もいなくて、知り合いも誰もいなくて
     誰かと話したかったんです。すみません、こちらにお住まいなんですか?」

    おじさんは温厚そうな紳士で10分ばかり
    話に付き合ってくれました。あの10分がなければ
    その後の5年はなかったかも知れません。
    その節は、ありがとうございました。
    その後会うことは無かったけれど感謝しております。
    この場を借りてお礼を申し上げます。

    これから海外駐在する人も、長くいることになったら
    不慣れな日本人に親切にしましょうね~
    情けは人のためならず・・・・


    ---------------------------------------------------------------------
    笑顔がまぶしいです。
    後ろのお父さんの頭もまぶしく輝いております
    DSCF0159.jpg








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング

    タイランド_初年度_(14)
    2006年12月23日 (土) 23:59 | 編集
    日本人の口に合うタイ料理シリーズ第二弾です。


    kaijyou.jpg

    こちらはカイジョウ(ただのプレーンオムレツ)
    ピリカラのケチャップかナムプリック(ナムプラーに生唐辛子を刻んだもの)で
    ご飯と一緒に頂きます。


    geencyuusaraitoufuu.jpg

    こちらはゲーンチュー・サライ・トウフー(豆腐入り海苔スープ)
    あっさりして、和食にでも合いそうです。
    海苔の香りもまた良いです。

    -------------------------------------------------------






    再びソンクラーンにうろついた時のお話し

    バンコクのスクムビット通り~ニューペッブリー通り近辺を
    さんざん歩いて気付いたのですが
    摩天楼のすぐ裏にスラムがあったり、思わぬ所に突然どこかの国の大使館
    があったりします。

    お家の近くにも運河が密かに流れていたりするのですが
    奥まった所にあって主に車に乗って移動する日本人は
    ほとんどお目にかかりません。
    きったない深緑色に濁った水面をびっくりするほどのスピードで
    水上バスが走っていきます。
    運河の支流に細い路地を通っていくと

    うわ!

    子供がこんなにも暗く澱んだどぶ川の中に
    喜んで飛び込んでいるではないですか!しかも全裸

    周りを見るとちっちゃい子供はみーんな全裸で
    うろうろしています。ここは本当にバンコクか??
    どぶ川のほとりに立っている掘っ建て小屋から大人がでてきました。
    パンツ一丁です。良く見ると全身の皮膚に細かいデザインが施されています。

    映画の撮影・・・・・・ではなさそうだな
    これはあまり目を合わせないほうが良さそうだな。
    その一画を足早に通り過ぎたのでした。
    行き止まりでなくて本当に良かった~

    しかし大都会の光と影がこんなご近所に垣間見られるとは・・・

    暑い暑い街角を歩くとたまーにワンコロなんかがいたりしますが
    この時期タイの野良犬はだいたいにおいて汚く、元気が無く、鳴きも動きもしません。
    大の字で腹ばいになっているやつが多く。車に轢かれたらそのまま
    犬の敷物になっちゃうなーという感じです。

    青空レストランで犬がよろよろっと客の足元を通ると
    客に思いっきり丸めた雑誌でしばかれたりしてます。
    うーん生まれ変わってもタイの犬にはなりたくないなー

    日本でも犬畜生というくらいで日本やタイではちょっと地位が低いような感じですが
    広州やベトナムでは犬はみんな食べちゃうのでほとんどうろうろしてないです。
    パキスタンではおろかな生物の象徴はロバとフクロウでしたねーどういうわけか・・・

    猫はタイでは比較的可愛がられてます。
    やっぱシャムネコが多いのかな?なーんて思ってましたが
    そんなことはなく、ふつうのニャンコでしたねー

    ま、それはともかく、その時は赴任前に会社で異文化研修を受けて来たのですが
    犬と肝炎にだけはくれぐれも気をつけるようにということだったので犬をみると
    ついつい手を出してしまいがちな私ですがタイではついに手を出すことなく
    駐在期間を過ごしました。なにしろ狂犬病が発症したら死亡率100%っつーんですから
    もう怖いです。ちなみに狂犬病と思われる犬に噛まれたら
    ワクチン作成のため噛まれた犬を連れて病院にいくのがベストと
    聞きましたが、くれぐれもそんなことしないで下さいね!
    病院に着くまで噛みまくられるでしょうから。




    ---------------------------------------------------------------------
    若いころの夏木マリさんが日焼けした感じでしょうか・・・
    エキゾチックなタイ風美人ですね~
    DSCF0158.jpg









    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング






    タイランド_初年度_(13)
    2006年12月20日 (水) 23:59 | 編集
    タイの屋台でよく見かける雑多な安いタイ料理こそ
    本当に美味しいのです。
    日本人が特に好むものを紹介しましょう。



    patthai.jpg

    こちらはパッタイ。タイ風焼きそばですね~
    平たい米の麺を炒めて干し海老、韮みたいな野菜などが具に入ってます。
    上にマナオ(タイのレモン),ピーナッツを摺った物,レモングラス等を
    のっけて食べます。熱々で食べましょう。めちゃうまです。



    kaaopat.jpg

    こちらはカーオパット・プ~(かにチャーハン)
    タイ米は粘らず油を吸うのでパラっとしてとても美味しいです。
    タイ料理が駄目な人でもタイのチャーハンはおいしーなーと
    みなさんおっしゃいますよ~


    ----------------------------------------------------------------


    バンコクの4月は暑い。
    日差しも暑いし、湿度も高い。そして気温も40℃近くまで上がる。
    都市部は渋滞している車の排ガスとビルのエアコン室外機の熱で
    空気が澱んでいますが。今日は車が少なくて道路も横断しやすいです。

    その日私はあても無く歩き続けていました。
    朝からかれこれ5時間も歩き続けてずい分へろへろになってきていました。
    歩道もえらく荒れていてボコボコなのでよく転びそうになります。


    ・・・・なんでまたそんなに歩いているかって?
    それはすることがなくて寂しかったからです!

    そう、現地会社の●野さんが
    「なんでこんな時期に来たの?」って言っていたのはまさにこのこと
    タイの正月は4月にあり、その日はその真っ只中だったのです。

    タイの正月は仏教の花祭り、暑いのでタイでは水掛け祭りをすることに
    なっており、4月末に長期連休となるのです。
    この期間は、ソンクラーンと呼ばれており
    多くのお店がお休みになり
    行政機関や公的機関もお休みとなり
    バンコクに出てきている田舎の人はみんな
    バスに乗って田舎へ帰り、
    日本人は帰省するか、旅行に出かけてしまって
    だーれもいなくなっちまうわけです。
    正月の東京みたいなもんですねー

    25Fの125㎡の広大なコンドミニアムで一人
    日本から送ったダンボールの山の中で
    インスタントラーメンをすすっていると
    ふと侘しくなってもう、寂しくなって、もう、なんだか
    やりきれなくなってとにかく外に出なければ!と思い
    たちまちスニーカーを履いて外に歩いて出たのでした。

    手には手帳。家の周りの細かい道という道を全部描き留めながら
    歩きました。
    思えば後にこのときにスクムビット通りの36から73までの
    全てのソイが頭に入ったため自分で運転するようになってから抜け道
    を活用するのに随分役に立ちました。

    歩いていると、知らない人に水をバシャーッとかけられました。
    最初は驚きましたが、みんな喜んでどんどん水をかけて来るのに
    うわーっ!何すんの~!とかいいながらリアクションしてると
    ちょっと暗くなってきた心も晴れて来るのでした。


    -----------------------------------------------------------------

    ほっそいですねー何食べているんでしょうか?
    辛いの食べていつも下痢気味で栄養が足りていないんでしょうか?
    hondamotorgirl









    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング

    タイランド_初年度_(12)
    2006年12月17日 (日) 23:59 | 編集
    DSCF0654.jpg

    フカヒレに続きバンコクで安くて食べられる中華をご紹介致しましょう。
    それは何かと訪ねたら♪じゃじゃーん北京ダックです。
    もう、一人一羽食べて頂戴てな感じです。

    実際二人で一羽にチャレンジしましたが
    途中で脂っこいのでおえっとなってしまいました。

    お勧めの店は有名デパートEMPOLIUMからすぐ、
    スクムビット・ソイ24の大上海という店です。
    この店は安いし、何を食べても外れはないので
    ぜひ行って見てください。


    ------------------------------------------------------------

    一仕事終えてバンコクに戻り家を探すことに。
    xxxリアルエステートというとこを会社の人に紹介されて
    土曜日の朝からホテルのロビーで待ち合わせ。

    朝9:00時間通りやってきました。さすが日本人
    タイではミーティングを開催しても大体15分遅れでちらほら人が
    集まり始めると言うのが当たり前。この感覚に慣れるのに苦労しました。

    やってきたのは塩沢ときみたいな胡散臭いおばはん。
    香水きついんですけど・・・
    あいさつもそこそこで、すぐ物件を見に行くことに
    このおばはん社長兼営業のようです。手下は全てタイ人とのこと

    ホテルを出るとおばはんの車が駐車場から出てきました。
    VOLVOのセダンです。しかしむちゃむちゃ古いっ!
    手入れはいいようですが、一体何十年走っているのでしょう?
    地球を3周くらいはしていそうです。

    「大体スクンビット通りに日本人は集中して住んでるのよ。
     便利がいいし、治安もいいですからね。
     あなた、まだ結婚されていないようだからあれだけど
     子供さんのいる人なんかはこれから行くとこ人気なのよ~」

    スクンビットのソイ55は通称ソイ・トンローと呼ばれていて人気の高い通りです。
    バンコク市街をラマ4世通り,スクンビット通り,ニューペッブリー通り,ラマ9世通り
    という大通りが平行して走っているのですが、トンローはスクンビット通りと
    ニューペッブリー通りにつながっており、更にソイ36,49,69,73に抜け道が
    ある便利な通りなのです。

    さらにトンローには警察署があり治安が良く
    大きいマンションやコンドミニアムもたくさんあるのです。

    というわけでトンローを中心に朝から色々な
    賃貸マンション,コンドミニアム,サービスアパート等を
    見て回ったのです。
    まあ、どこも立地が良いけど部屋が汚かったり、広すぎたり
    部屋の位置が低かったり、古過ぎたり、ちょっと車の出入りが難しかったり
    と一長一短で6件目にはもう結構疲れてしまいました。

    今から思えばそれが手だったとわかるのですが
    疲れさせておいて最後に手持ちの切り札の一番いい物件を
    出してくる。そして一発決定。
    icon3.jpg

    ICONⅢ33階建てのコンドミニアム
    タイの映画俳優や歌手も住んでいるというこことは
    部屋を替わることはありましたが、ながーい付き合いと
    なるのでした。




    ---------------------------------------------------------------
    若い時の黒木瞳さんのようですねー
    色が白い方は中国系なんです。
    タイでは色が白い方がモテるんですねーこれが
    DSCF0151.jpg








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング
    タイランド_初年度_(11)
    2006年12月14日 (木) 23:59 | 編集
    DSCF0648.jpg


    タイはフカヒレも安いんです。姿煮でごそっと食べられます。
    日本でちょろちょろスジが泳いでいるのをありがたく食べていたのが悲しくなります。
    有名なのはヤワラートという中国人街でどこでも安くて美味しいですが
    道が混むのと駐車しにくいのが難点です。
    スクンビット通りにスカラという有名なフカヒレレストランがありますが
    こちらは高いだけで美味しさは同じ。
    スリウォン通りにHOCK SHARK FINという店がありますので
    観光でいくならこちらが良いでしょう。
    エガマイ通りからニューペッブリーに出た所の近く高架下に
    安くて美味い店があるので駐在や長期出張の人は行って見てください。

    DSCF0652.jpg

    こちらはフカヒレ屋に必ず付き物のアワビご飯。
    これが美味しくないと言った日本人はまだ知りません。

    ------------------------------------------------------------

    蒸し暑い現場に枯れススキ社長と一緒に行くと
    タンクから出てくる部品をじっと見ている女性がいました。
    会社で見たのと同じ制服だ!あれがずっとここに泊まって帰ってこない
    っていうスタッフなわけやね。
    近づいていって挨拶します。

    「あのー英語だいじょぶ?あ、そう。zinっていいます。これ名刺ね。
     もう随分帰ってないらしいやんキミ。どうなってんの状況?」

    「はー、もうぜんっぜん仕上がらないんですよ。色々やったんですけどねー
     もう手が無いです。」

    「手があるかないかもう一回よーく考えて見よう。
     事務所に行ってホワイトボードに今までやったこと全部書いてみ?!」

    しかし女性なのにしっかりしてバリバリ働いてます。
    ちょっと体臭がきついのと、目つきが悪いのが玉に瑕ですが
    それはまあ良しとしましょう。

    彼女の名前はブッサバー。漢字なら仏娑婆とでも書きたくなるような
    悪そうな顔をした女の子でした。(実は花の名前由来らしい。タイの古い歌謡曲で「チャン・チュー・ブッサバー(私の名前はブッサバー)」というのがあるくらいで結構メジャーな名前のよう)
    その後彼女とは仕事上随分長い付き合いに
    なり、今でも業務上で関わることがあるのですが
    最初の出会いがこれで、因縁だったんでしょうねー・・・

    ちょっと斜視気味で余計に人相を悪くしていたのですが
    実はこの時は疲れすぎて目の焦点が合っていない状態だったということが
    後に分かるのでした。



    その日夜遅くまでかかって気合でなんとか部品が生産できる状態までに
    なりました。ブッサバーもやっと帰れる~といった顔で放心状態になってます。
    最初の仕事でええとこ見せられてラッキーだったな。偶然うまくいったんだけど。
    おっ、もう朝の3時半か・・・

    枯れ木社長に声をかけて帰ろう

    「社長何とかこれで行けそうなんで、帰ります。失礼します。」


    すると突然、枯葉に火がついたように勢い良く

    「いけません!今出ちゃ駄目です。」


    ・・・・・・・・・・・?


    「今出たら殺されてしまいますよ!」


    ・・・・・・・・・・・??


    「この辺はね、夜中山賊が出るんです。
     車で通りかかったらですね、板を釘で打ちぬいた奴をこう裏返しに道に置いてあって
     踏んづけて止まったらパンパンですよ。(銃を撃つ格好で)
     ホテル取ってますんでそちらに泊まって行ってください。」


    ・・・・・・・・・・・!!

    なななんちゅーとこに来てしまったんでしょうか!
    愕然とする私の横でブッサバーはまだ放心状態なのでした。





    --------------------------------------------------------------
    記事とは関係ありませんが・・・
    DSCF0171.jpg










    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング


    タイランド_初年度_(10)
    2006年12月11日 (月) 23:59 | 編集
    DSCF0114~1.jpg

    トムヤム・クン(海老の酸っぱくて辛いスープ)と
    カーオ・パッ・ガパオ・ムー・サップ・カイダーオです。
    (豚ひき肉バジル炒めごはん目玉焼きのせ)
    自作するとこんな感じです。日本でも出来ますよ~
    タイで作るより10倍以上高くつくけど、日本のタイ料理は
    美味しくないのに高過ぎです・・・。

    -------------------------------------------------------

    チョンブリ県にある会社から車で3時間。
    軽く腹ごしらえをして、後一時間くらいでコラートに到着です。
    随分くねくねした道が多くて今まで延々まっすぐ走って来たのが
    嘘のようです。はーしかしケツも腰も痛くなってきたなーもう。

    とかいいながらようやく到着です。
    工業団地というには程遠い田舎の工場ってな感じで
    ぽつり、ぽつりと町工場みたいなのがあるだけです。
    こんなとこに日本人が会社作ったんかいな?と思いつつ
    車でぐるぐる回っているとありました!K工業
    よくぞこんなとこに工場作ったよなK工業。
    日本から逃げてきたんかな?

    2時半くらいの到着です。
    うーん、わけわからんくらい暑いなーと思いつつ
    とりあえず中へ。
    ちっちゃいタイ人が出てきたのでとりあえず
    英語で聞いてみよう。

    「社長さんいてますか?」

    「・・・・・・・。」

    関西なまりの英語が悪いのか、通じないのかどっちだ?
    とりあえず名刺を出して見よう。おっ反応あり。
    こっちおいでとジェスチャーで示しています。
    やはり英語はあかんかったな、日本で人事部は英語勉強しといたら
    ダイジョブだよとか言ってたけどやっぱそんなわけないよなー。
    腰が低くて丁稚どんのようなちっちゃいタイ人の後を追います。

    事務所に通されると明らかに日本人とおぼしい人が
    二人座っています。
    その内の一人、結構年配の痩せた白髪で長髪のサングラスをかけた
    おじさんの所にちっちゃいタイ人がテケテケっと走ってなんか
    言っています。

    おじさんが立ち上がってやって来ました。
    思いのほか長身です。

    「いやー、よく来て頂きました。御社のスタッフの方に
     ずーっと見て頂いているんですが、なかなかうまく行かなくて・・・」

    名刺をもらうと”President”とあります。あっ!社長なんかこの人。
    しかし、グラサンかけて変なひとかなと思ったら物腰やわらかで
    なんだか枯れた感じの人だなー。枯山水社長だなー。

    「早速で申し訳ないんですが、現場を見ていただけますか?
     スタッフさんもそちらにおられますんで。」

    よっしゃ、タイでの初仕事。気合入れてやったるで!







    --------------------------------------------------------------
    あらアナタずい分背ー高いねーホントにタイ人?
    DSCF0169.jpg






    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング

    タイランド_初年度_(9)
    2006年12月08日 (金) 23:59 | 編集
    Nakhonratchasima.jpg

    コラートの国境近い所・・・今はナコーンラチャシマーと言う人が多いのかな?この近辺のお客さんではスリリングなエピソードが盛りたくさん!




    -------------------------------------------------------


    車の中の4時間は長い~。
    ケツが痛くなります。着の身着のまま会社を出かけて
    不安が募ります。
    大体、連絡なしで4日も5日も帰ってこないなんて
    拉致されてるんちゃうか?しかも独身の若い女性のスタッフと
    いうことだし・・・。一人でバリバリ現場で(エンジニアとして)働くなんて
    日本とはやっぱだいぶ違う感じやな~。

    退屈なのでタイ語の会話長を見ながら
    ドライバーのビナイさんに話しかけてみます。

    「ビナイさんはこの会社働く。何年?」

    「??何?」

    「ビナイさんは会社働く。何年?」

    「ああー、何年働いてるか聞いてるんやね。
     もう、ビナイさんはね7年間も働いてるんだよ。
     7年。1,2,3,4,5,6,7年」

    もうちょっとゆっくり喋ってくれーい!
    このとき私は、タイ語教室に通おうと心に決めたのでした。

    しかし、このドライバーとの会話は随分と速聴の訓練になったな~
    このおっさん、ゆっくり喋ってくれって言っても
    そのときだけ、ゆっくりしゃべって3分くらい経つと
    また、いつもと変わらない調子でベラベラ喋るんですねー。

    途中で見える景色はただただだだっ広いばかり。
    うーん、いつになったら着くことやら。
    直線ばっかりで時速150km以下で走っていることは
    稀です。思わず後ろの席でもシートベルトを掛けてしまいました。
    赴任早々こんなほっぺからニョローンと長いホクロ毛を
    生やしたタイ人のオッサンと一緒に死にたくはないっ!

    「飯にしよう。」

    ビナイさんがジェスチャーで伝えてきます。

    「OK!」

    しかし、どこにいくんかな~??
    ・・・・・・・こ汚い地の店でした。
    外は暑い!じわーっと暑いです。
    店の人にビナイさんが適当に注文すると
    二人向かい合って黙って座って待つのでした。
    待つこと10分。出てきました。
    きのこのトムヤムとごはんとオムレツ。

    有名なトムヤムクンというスープはご存知ですね?!
    トムヤムというのは辛くて酸っぱいスープなのですが
    これに海老(クン)が入っているのがトムヤムクン
    きのこ(ヘット)が入っているのがトムヤムヘット
    海(タレー)の幸ならトムヤムタレーなのだす。

    むむっ、あまり辛くなくて酸っぱくなくて出汁がきいてて
    うまいっ!きのこもうまいっ。
    と二人で一つの丼に入ったスープをすするのでした・・・



    DSCF0141-1.jpg










    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング

    タイランド_初年度_(8)
    2006年12月05日 (火) 23:59 | 編集
    DSCF0518.jpg

    これはソムタムを作っているところ。道端でよくイサーン(東北部)から来たおばちゃん(おじちゃんはいない)が作ってます。ソムタムとは
    青い熟れていないパパイヤをササガキにしてたれと具を加えてポクポクたたいて作る大変美味なサラダです。サワガニ入りはあたるので注意!

    -------------------------------------------------------


    寒いな~冷房効きすぎやなこれは・・・
    エアコンから水滴がしたたり落ちています。
    タイの人はこれで大丈夫なんかしらん?・・・平気そうです。
    むむう、体が細胞レベルで雑にできてるなーこいつら。

    階段を上がりながら●野さんに尋ねてみます


    「ねえ、寒くないですか?」

    「うーん、ちょっと寒いかなでももう慣れたよ。
     ●礼ちゃんなんかはいつもジャンパー着てるよ。
     車の中もガンガンにエアコンかけるからね!
     あいつら馬鹿なんだよ、寒いって言ってもちょっと
     温度上げさせてもすぐ元に戻しちゃうんだから・・・」


    二階に上がって給湯室へ。
    おばちゃんに●野さんが、コーヒーを頼んでくれます。
    わざと「コーヒーちょうだい。」と言って喜んでます。
    おばちゃんも「コーヒーね!一つ?二つ?」とニヤニヤしながら
    答えてます。

    苦く濃いコーヒーを飲みつつ、15分くらいマシンガントークで
    蜂の巣にされつつ煙草を吸ったところで

    「zinちゃん●鋪さんに挨拶した?え、まだか?
     そりゃ俺とずっと喋ってたら会えないよな。
     すぐそこに●鋪さんの部屋があるから行って来いよ。
     付いてってやるよ!土産あるの?下か?取ってきなよ」

    でもって●鋪副社長の部屋へ・・・
    どどーんと重厚な木製のドアの前に秘書が座っています。


    「ニパパンちゃんおはよう。●鋪さんいる?」

    「おはようございます。中に居ますよ~♪」


    あ、この人日本語できるんだ。

    失礼しまーすと中に入ると、毛足の長い絨毯の敷き詰めた
    20畳くらいの部屋にビッグで重厚な木の机がどどーんと置いてあります。
    そこには、総会屋の黒幕みたいな年輩のおっさんが
    古だぬきのようにこれまたどどーんと座っています。

    メガネをきゅっと降ろして上目遣いに私を見上げると

    「おおーzin君か、ちょーどええとこに来たな。今、電着のスタッフがな
     カンボジアの国境に近いところのお客さんのとこに行って
     帰ってきよらへんのや。トラブルでな。
     ちょっと行ってきてくれへんかな?」

    どひーいきなり攻撃。
    会社から400km。直ちに車で出発~
    他の人と挨拶する間もない出来事でした。







    DSCF0163.jpg








    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず 人気ブログランキング

    タイランド_初年度_(7)
    2006年12月02日 (土) 23:59 | 編集
    WS000000.jpg

    こーんな祠が(ま、これよりちょっと小さいのが)あちこちにあって
    ドライバーはその都度ハンドルを離してそっち向いて拝んだりします。安全運転してくれよ~



    さあ、初日第一歩を会社に踏み入れます。
    おおーっ!床は大理石でピカピカ。天井は吹き抜けになっています。
    日本より立派ちゃうか?

    壁には一辺2mくらいのビッグなプミポン国王とシリキット王妃の肖像画。
    どどーんと圧倒されます。
    そうそう、どこでもこの写真飾ってあるんですよねー。
    きったない飯屋でも入ったとこの正面の壁に必ず
    貼ってます。日本と違って敬愛されてますからねー
    王様関係の話は興味深いものが多いので
    時々書くかもしれません。

    正面にはそれはそれは美しい受付嬢とそうでもない受付嬢の二人が
    座っています。
    とりあえず英語で行ってみるぞと!

    「おはよう。今度赴任になったzinと言います。よろしく~」

    「おはようございますカぁ~。よろしくカぁ~」

    「・・・・? あのーここで働いている日本人に会いたいんですけど」

    「ちょっと待ってくださいカぁ~ 電話します。」

    「・・・・?」あっ、そうか女の人はタイ語で最後にカーってつけるんだっけ
    英語の言葉尻につけんなよ。まぎらわしい。

    「一緒に行きます。ついてきてくださいカぁ~」

    うーんいい微笑み、さすが微笑みの国タイランド
    思わず、気があるんちゃうか?と思わすほどの最高の微笑みです。
    幼いころからニヤニヤしているので表情筋が発達しているのでしょう。

    個室にAutomotive Technical Advisor MR.●GINOと書いてあります。

    コンコン「●ギノサーン、コンイープンマイ・マーレオ・ナ・カー」

    パンチパーマで薄い色つきメガネをかけ、真っ黒に日焼けした
    胡散臭いおっさんが出てきました。

    「あーzinちゃん良く来たねー、家はどうすんの?
     しかし、あれだね!もうすぐソンクランに入るのになんでこんな時期に
     やってきたの?馬鹿だねー。何にも聞いてなかったの?」

    なんだ何だ?なんかちょっと変な感じだな
    ソンクランて何や?家は自分で探すって事?
    まあ、落ち着け落ち着け俺!
    「・・・・どうも、これからお世話になります。ま、どうぞこれ」

    土産の米と酒。

    「いやー悪いねzinちゃん。いいのこれ?ホント?重かったでしょ?
     ここではねーなかなか美味しいお米が無いんだよ。酒だって
     こっちに来るのは防腐剤がたっぷりで味か゛違うんだよねー。
     ま、ちょっと上に行こうか?煙草吸う?そうか、吸うのかそれは良かった。
     喫煙室に行こう。コーヒー出してくれるから。おばちゃんが。
     そういうおばちゃんがいるから。
     でも、タイでコーヒーなんて言っちゃ駄目なんだよ
     コーで欲しい。ヒーで女性のあそこのことになるから
     一発やらせて見たいな感じになっちゃうんだよ。はははー
     まあ、上行こう!」

    うーんようしゃべるオッサンやなー
    一抹の不安を覚えつつ後に着いていく私でした・・・・




    DSCF0145.jpg










    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。