アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    タイランド_初年度_(6)
    2006年11月29日 (水) 23:59 | 編集
    DSCF0830.jpg

    タイ国王様です。全ての硬貨&紙幣はプミポン国王(ラマIX世)の
    肖像が入ってます。これは5バーツ硬貨




    いやー随分前の話なのに結構鮮明に思い出すことができるなーと
    自分ながら感心してしまいます。
    やっぱ、初めての海外赴任で緊張していたうえに
    見る物聞くものなんでも新鮮で印象に残ってるんでしょうねー

    タイの日系企業で働く日本人には
    大体において専属のドライバーが付きます。
    当時のワーカーの月収が1500バーツ(4500円程度)て゜
    ドライバーもそれに準じていたのですが
    残業は自給が倍になるということで
    ウェルカム・オーバータイムなドライバーが多かったなー

    もちろん私に付いたこの運転手も残業万歳主義!
    彼の名前はビナイさん(当時40歳)
    タイではチューレンと言ってあだ名で呼び合うのが普通なのですが
    ビナイもチューレンで本名はウライ。
    んーどっちでもええやんって感じなんですけど

    彼は私より随分年上ってこともあって
    ちょっと私をなめているような態度。
    「俺は副社長のドライバーもしたことあるんだぜ」ってな
    感じです。そんなナメた態度が半年後には私に鉄拳制裁を
    喰らう羽目におちいる原因になるとは知らず
    のん気に運転しております。

    バンパコン工業団地付近に来るとでーっかい会社の
    看板が道路沿いにぼーんと立っています。
    この国ではすごい優良企業なんだなーと思いつつ
    よく考えたら空港のカートなんかにもどどーんと
    会社のロゴが入ってたなー。
    日本では考えられんなー・・・
    門番が敬礼する横を通り抜けると
    会社の中に小さな祠があって
    ドライバーは通りすがりにハンドルから手を離して
    拝んでました。
    おいおい、ちゃんと前見ろよ!

    さあ、いよいよ初めての現地会社出陣~




    ------------------------------------------------

    DSCF0148.jpg









    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず

    スポンサーサイト
    タイランド_初年度_(5)
    2006年11月26日 (日) 17:00 | 編集
    DSCF0826.jpg

    タイのバイクは基本的にホンダのバイクばっかり。
    中身はほぼカブなのですが、ちょっとスピードが出るように
    改造されており、スポーツカブっな感じです。
    田舎に行けば今でもまだまだ家族5人でこのバイクに
    乗ってたりします。うーんちっちゃいタイ人ならではです。




    バンコクといえば世界最悪の交通事情としてその名を馳せていますね?
    道の悪さと車の多さ、加えて交通整理の不備と交通マナーの悪さ
    その中をバイクとトゥクトゥクがすり抜けてゆく・・・
    うーん排ガス臭い。

    運ちゃんは英語は全く×。
    互いに黙ったまま、車は猛スピードで会社に向かっていきます。
    もっとすごい渋滞をイメージしていたのですが
    朝6:30出発だとまだぎりぎり大丈夫の模様。
    車はスクンビットSoi55からSoi63へ抜け
    ニューペッブリー通りへ
    そして、パタヤへ続く幹線道路であるバンナ道路
    へと抜けて一路会社へ・・・

    どれくらい猛スピードかというと
    会社はバンパコン工業団地(現在のアマタナコーン)
    というところにありバンコクとパタヤの間くらいにあるんですが
    距離的には100km程度です。
    この間を1時間15分くらいで行くので
    信号の無いところでは下道でも160km/hくらいで
    行っちゃってます。
    幸いスピードには強い方だったのですが
    はじめてタイに来てこのドライバーにあたる人は不幸だな~と
    思ったわけです。

    話の流れ的にみなさんが推測した通り
    このドライバーは私の担当ドライバーとなったのですが
    その後数々の事件を巻き起こし、4年後に私が引導を渡すはめになろうとは
    お釈迦様でもご存知あるめえ・・・

    バンナ道路はタイ中を走るスーパーウェイと呼ばれる巨大幹線道路の
    一つで、片側4車線のビッグな道路です。
    スーパーウェイといっても下の道ですので
    時速100km以上で車が走っとるっちゅーのに
    手をつないだ女の子がせーのって感じで
    道路を横断したりします。

    よくこんなんで事故が起こらないなーと
    思ってたら建設中の高速道路の柱に
    バスが突っ込んで燃えてました。
    ・・・・・うーん、すごいとこに来たかもしんない。




    DSCF0149.jpg





    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド_初年度_(4)
    2006年11月24日 (金) 01:16 | 編集
    DSCF0827.jpg

    タイの街には屋台や行商人があふれています。
    落花生やスルメ、焼き卵(ゆででなく殻ごと焼いたの)とか
    色々美味しいです。






    タイの地に足を踏み入れたその日は、不安な気持ちで一人夜を過ごしたのでした。
    夜遅かったし、機内食で腹が足りていたので夕飯は抜き。
    錆っぽいシャワーを浴びて翌日へ・・・

    朝はビュッフェで朝食を。
    まあ、可も無く不可も無くといった感じ。
    チャイニーズ向けのおかゆと豚肉の干物を裂いたもの
    それからきゅうりのQちゃんみたいな漬け物でかるーく
    済ませてと・・・
    やっぱお腹が空いたら勝負にならんので
    コーンフレークとバナナを追加。
    むむっ、俄然やる気が出てきたので
    ピラフとパンとオムレツも。
    お腹ポンポンです。

    食後のコーヒー&一服

    今は、タイではどこでも屋内でタバコを吸っては
    ダメなんですよね~・・・昔が懐かしい。

    ロビーに会社のロゴの入ったボードを持った
    ドライバー出現。
    「ZIN?ZINサン?」
    Yes, I am. Let's gogo.

    そのとき、私は気付いたのでした。
    そのドライバーのほっぺたのホクロにも
    びよーんと長いホクロ毛が2本伸びているのを・・・


    DSCF0143.jpg







    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド_初年度_(3)
    2006年11月20日 (月) 11:59 | 編集
    インパラホテル。

    スクンビット通りのSoi24にあるホテルで
    インペリアルグループのもの。次のSoi26にある
    タラホテルと館内でつながっており、通り抜けられるんですが
    タラホテルの方がちょっと高級感高いです。

    WS000015~1.jpg




    あーそうですね。このブログに訪れる方は
    タイ通ってわけではないのでSoiについて解説しよう!

    Soiといっても豆とはなんら関係なく
    平たく言えば道というかxx筋って感じでしょうか
    道は道でタノンという言葉が別にあるのですが
    このソイには大体において番号がついています。
    例えばスクンビット通りという大きい道路があるのですが
    これを番号の少ない方にずーっと歩いていけば
    王宮に向かって歩いていることになります。
    そう、もうわかりましたね?
    バンコクは王宮を中心に放射状に道が伸びており
    その大きい道の枝道に王宮に近い側から番号が
    ついているのです。
    ただ、王宮から見て左側が奇数,右側が偶数になるように
    数字がついているとこがミソですねー
    それぞれの枝にもさらに細かい枝があるので
    例えばスクンビット・ソイ55のソイ16みたいなことに
    なっているわけです解説終わり。

    なぜかここインパラホテルのエレベーターは
    パクチーの臭いがします。初めてこのエレベーターに乗ったとき
    「カメムシがいるっ!」と思ったものです。

    大体においてこのホテルちょっとぼろいのですが
    部屋はまあまあ豪華というか日本のホテルがいかに
    しょぼいかということでしょうか、まあ文句ないです。
    しかし、風呂で湯をためると湯が錆で赤いことに
    気がつきます。うーん、やはり水道水は飲めなさそうだな。

    WS000017~1.jpg



    もちろん冷蔵庫にはタダの水が常備されています。
    ポラリスって言う名前のガラスのボトルのやつ。
    これはタダでPETボトルのやつは有料

    風呂で洗濯したらシャツがびみょーに染まって薄汚れてしまいまし
    た。とほほ・・・・



    DSCF0130-1.jpg





    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド_初年度_(2)
    2006年11月17日 (金) 23:59 | 編集
    DSCF0828.jpg



    タクシーに乗ったはいいものの道なんかさっぱりわかりません。

    タクシーの運転手はEnglish OK! とかぬかしておられた割に
    さっぱり英語が通じず、ほぼ現地語でなんだか言ってきます。
    どうやら高速乗っていいかい?と訊いているようです。

    「まあ、ええわ乗れ乗れのってけや~!」

    というとなぜかokとかちっちゃく言って
    車線変更して高速道路へと入っていったのです。
    日本語知ってるんちゃうか?
    その時私はうなるほど金を持っていたので
    気が大きくなっていたのでしょうか
    特に怒ることもなく黙って乗っていました。

    もちろんその2ヶ月後に通貨暴落が起こって
    莫大な為替損害を被るはめになるとは
    知る由もない私なのでした・・・・。


    窓に映る車窓風景。高いビルが並び
    えらい都会やな~というのが最初の印象でした。
    このゴミゴミした感じ、意外と好きな感じかも・・・
    神戸よりも確実にでかいな~

    しかし、気になるのはこのドライバーのほっぺたのホクロに
    びよーんと3本ほどのびているホクロ毛!
    ああー抜いてやりたい。イライラする。

    えらいボディコンの制服を着た警官が
    サングラスにマスクで交通整理してます。
    うーん空気悪そう!こいつら長生きできんなー
    とか思っているうちにとりあえずホテルに到着。

    やはり、領収書をもらうことはできませんでした。
    空港リムジンに乗れば良かったなー・・・

    しばらくはここに住むことになるんやなー
    早よ、すみかを見つけなあかんなーと思いつつ
    ホテルの門をくぐったのでした。



    DSCF0129-1.jpg





    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    タイランド_初年度_(1)
    2006年11月14日 (火) 22:53 | 編集
    DSCF0560.jpg




    タイランド

    ああ、着いてしまったドンムアン空港
    もわっとしてなんとなーくパクチーの臭いもするようなしないよう

    な・・・。
    「ここで一人で暮らすんやなー」
    これまで一人で渡航したのは一度っきり。
    しかし、赴任の時に一人くらい迎え寄こすやろ?!普通。
    しかし、さすがにタイ人ばっかしやなー、そらそうか
    ここタイやもんなー。あかん、なんか不安になってきた。
    とりあえずバス乗ろう!

    I wanna go to Tara Hotel, Sukumvit road Soi 24!
    Does this bus bound for that way?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・?


    怪訝な顔をされてしまいました。
    こらあかんわ。
    仕方ない,白タクに乗っていこう。
    予め行き先をメモに書いて、

    Here! Here! Please send me to here!
    とホテルの名前と住所を書いた紙を
    人差し指で連射します。

    「Ahh,OKOK!」

    タクシーは走り始めました。
    同時に私のタイ生活も走り始めたのでした・・・



    DSCF0126-1.jpg




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Krabi_Episode5
    2006年11月11日 (土) 16:48 | 編集
    クラビってやつはどうしてこうスカッと晴れてるんでしょうか?
    ・・・正解は乾期だったからですね~

    昼間は大体ビーチでごろごろするのがヨシ!
    しかし、BEERやお菓子を仕入れに街をぶらぶらするのも
    また悪しからずや。というわけでぶらぶらした道が主にこちら。


    dscf0201.jpg




    うーん海外ではフジフィルムの店はあんまし無くて
    KONICAの店ばっかですねー。

    パームツリーの並ぶビーチロードの向こうに
    切り立った岩山が見えます。
    この岩山が波で削られて下は鍾乳洞みたいなとこが
    盛りたくさんです。


    DSCF0241~1.jpg


    こんな感じになっとるわけです。
    うーん左下の木を見るとわかるんですが
    もうほんとムチャクチャでかいです。


    dscf0202.jpg

    っとと、ビーチロードに戻って
    ホン・タムルアット(交番)の前で一枚。
    私の後ろにあるような青空レストランが
    至るとこにあります。
    こーいうとこで食べるタイ料理はホントに美味しいです。
    ま、この店は人がまばらなので大したことなさそうですが・・・
    やっぱうまい店は混んでるものなのです。

    パッ・ガパオ・ムーサップ・カイダーオとかプラムックとか
    食べてビール飲んで飲んで飲んで・・・・・・・・




    はっ、また夕方になってしまった。
    夜は夜でまた飲まなくては!


    ↓クリックで拡大

    sunset.jpg


    よかったら壁紙にでもどうぞ~


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。