アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Krabi_Episode4
    2006年10月28日 (土) 23:24 | 編集
    dscf0195.jpg

    こんなとこ泊まりました~♪かなり安いのにおしゃれで良かったような
    かすかな記憶があります。プラナン・インてとこで
    これは確かタイ人の友達に教えてもらったとこです。
    そうそう、この辺確かプラナンビーチとか言ったような気がします。
    なんぼくらいやったかな~・・・一泊B1,000くらいだったかなー
    もう、バイクでこけすぎて記憶がおかしくなっているようです
    若ボケ様になったわけではないのです。



    dscf0196.jpg

    アンティークな感じの建て屋ですねーよくよく見ると
    熱帯の植物やら昆虫がいて飽きないです。
    サソリはいなかったしこの辺わりと安全なのかも?!
    蚊も少なく過ごしやすかったです。



    dscf0224.jpg

    海もすぐ近くで水着で歩いて行けます。
    ロケーションもバッチリですねー
    先のスマトラ沖地震でもう無くなっているかも・・・
    ん~考えられん・・・




    dscf0225.jpg

    泊まっている客は欧米の人が多かったですねー
    当時はタイ語ばっかり話していたので英語で話しかけたとき
    かなり喋れなくなっていることに気付き愕然としました。
    そういや、帰国した時「ちょっと日本語おかしくなってない?」とか
    よく言われました。

    家でもケーブルTVを引いてたんですが
    NHKは契約してなっかたんで
    何週間も日本語をきかなかったこともあったんですよー
    んー今から考えるとすごいですねー
    よくノイローゼにならんかったなー



    閑話休題



    dscf0200.jpg

    若き日の金日成?いやいや私でございます。
    緊張でちょっと透けてます。
    母方の親戚にプレデターがいるそうです。




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    スポンサーサイト
    Krabi_Episode3
    2006年10月25日 (水) 15:38 | 編集
    いやあ、タイマー投稿って便利ですねー。
    仕事で今ごろあたふたしてblogを見ることもままならないことでしょう。とほほ・・・

    さてさて続きをご覧下さいませ


    ぐるっと沿岸を周ってるとええとこありました!
    DSCF0235~1.jpg



    おおー!こりゃいいわ人も少ない上に何だかみんな
    そろそろ引き上げそうな雰囲気です!
    うーんツイてる。


    「ここいいねー。ここに決めてん!留めてくれる~?」

    「ワカッタ・・・・・・・・・・・。
     ズットココニイルノ?」

    「そやねーしばらくいるから適当に迎えに来てよ。
     そのときお金渡すから。暗くならないうちにねー!」

    「ダイジョブ、ダイジョブ、ゼッタイダイジョブ!」



    DSCF0240~1.jpg

    てなわけで上陸~
    うーんタイとは思えぬ砂の白さ!


    さーて、まずは砂で椅子を作成!
    うわ、砂が柔らかい!!

    本でも読みながらごろごろするとするか。死ぬ程。
    もちろん準備してきたのはこちら


    WS000000-1.jpg

    KLOSTER BEER(クロスタービール)
    シンハーが有名ですがこちらが好きです。ホント美味しいビールです

    WS000000~2.jpg

    TARO(タロー)
    これは、チータラのチー抜きみたいなもんですがもうちょっと分厚い。
    ビールのお供にいつも食べてました!辛い奴が美味しいですね~






    dscf0238.jpg

    知らぬうちに寝てたようです。
    うつらうつらしてると随分波の音がします。
    再度うつらうつら・・・・冷たっ!
    あれ~波がすぐ近くまで来てるー。
    緊急避難だ逃げろや逃げろ!
    裏はジャングルなので海岸づたいに浜が少し奥まったとこに移動。
    ふぅ~やれやれだ。


    「オ~イ!オ~イ!!」


    あ、船頭やってきた。
    こいつここが水没するって知ってやがったな?!
    ま、ええか。ちゃんと来てくれたから。
    ある意味プライベートビーチだったし。



    DSCF0241~1.jpg

    ここのすぐ脇はこんなことになってました!
    おお~っ!なかなかのもんやな!



    どう?クラビもいいでしょ?





    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Krabi_Episode2
    2006年10月22日 (日) 14:18 | 編集
    クラビって日本ではあんまり聞かないかもしれませんねー。
    タイの人にビーチリゾートで一番は?って聞いたら
    きっとBEST3に入ってくるとこです。

    ま、純粋にビーチをってことで、
    ショッピングやその他、打つ・買う・吸うなど不埒(フラチと読みます12歳以下の君勉強になったね!)なことを楽しみたい人はパタヤなり、プーケットなり、パンガンなり行って頂ければokです。
    タイで麻薬所持見つかったら終身刑なので
    気をつけて下さいねー


    DSCF0192~1.jpg

    タイのビーチは大体において茶色く、海も濁っているので
    海水浴向きとは言えないのですが、ここら片は珊瑚が多いのと
    チャオプラヤー河みたいに泥水の巨大な河が近くにないので
    砂も白く水もとても綺麗です!

    へさきの沿ったカヌーっぽいタイらしい舟がまあいい感じで留まってます。
    タイ人ファミリーも観光にきてますねー



    DSCF0194~1.jpg

    おっっ、人間発見!


    「おーい!おーい!こっちゃ来て-!!」

    「ハ~~?」

    「おーい!おーい!こっちゃ来て-!!
     (ここだけ日本語で)はよ来んかいこらー!!」



    dscf0230.jpg

    交渉成立。近くをぐるっと周っていいとこに降ろしてくれることに。
    出発進行~! ちなみにこの小僧はなんか役に立っているわけでなく
    ただ舳先にぶらさがってるだけです。念のため



    dscf0233.jpg

    こーんな奇岩がごろごろ
    なかなか楽しめます。高速船でがーっとこの近辺通り過ぎる
    舟がときどきいます。中には欧米の爺婆やヒッピーが
    ごちゃまんと乗ってて“Oh!”だの“Whaooo!”だの言ってるようです。
    貸切カヌーの方が安くてのんびりできるのに・・・



    DSCF0239~1.jpg

    おっと危ない!
    ま、結構飛ばしてるんでこんなこともあります。
    波の高い日は死ぬかもしれませんね~^^




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Krabi_Episode1
    2006年10月19日 (木) 00:16 | 編集
    ここのページのトップの写真ってどこだと思います?

    バリ島?いえいえそうじゃないんです。
    あなた、どっちかっていうと過去をひきずるタイプではありませんか?
    よーく見てみてください。バックの舟の形・・・
    かなりマニアックに通の方はわかりましたね?!
    そう。ここはタイなのです!

    まだ記憶に残るスマトラ島沖地震
    未だ深い傷跡を残しているはずです。
    そして、ここもその甚大なる被害を受けた被災地でありました。

    Krabi ~クラビ~
    タイでビーチを楽しむならここが一押しです!
    ここからは、タイに住んでた時のお話

    例によって地理の苦手な貴君のために
    地図で解説しよう。

    ↓クリックで拡大
    thaimmap_krabi.jpg

    タイっつーのはここらへんにあるわけです。
    ミャンマー(旧称ビルマ。地図古いですね)、ラオス、カンボジア、マレーシアと
    国境を持つ国。山と川と海と大地がある国。
    あー・・・山は大したことないですが
    だいぶしょっぱい思い出のつまった国でもあります・・・。


    ↓クリックで拡大
    thaimmap_krabi_2.jpg

    そしてこちらがクラビ。
    あー!プーケットの近くやん!!と思った方。アナタ正解。
    ほとんどマレーシアですねー

    そのうちプーケットも紹介しますんで
    お好きな方は楽しみに。


    dscf0207.jpg

    こーんな風に貝拾いしてるんです。
    夕方になるとタイトル画像のような切ない程の美しさ
    バンコクで汚れきった心が洗われるようでした。
    食べるの取る人と、綺麗なの取る人がいます。
    女の子と行って綺麗な貝のひとつも採ってあげるのは
    世の殿方のお勤めでしょう。
    私?私はヤドカリをじーっと観察してました・・・


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず

    ジンバラン_Episode3 ~バイバイバリ島また来る日まで
    2006年10月15日 (日) 00:41 | 編集
    プライベート・コテージ。 それは憧れ。 それは夢。
    それは秘密の別荘(直訳)。



    WS000000~1.jpg

    リッツ・カールトンのプライベート・コテージともなれば
    そりゃあもう、そりゃそりゃです。


    WS000001~1.jpg

    本館から海に向かって離れに歩いて行くと途中に
    コテージがあるエリアがあります。
    一軒ごとが石塀で囲まれており、隣までもちょっと離れてるので
    中でえげつない声をあげても平気です。
    がおぉ~♪ぎょえええぇ~♪ぐえぇぇ~♪げろげ~ろ♪ごっつっぁんです!


    WS000002~1.jpg

    結構素敵なレストランなんかもあって少しは
    利用しましたが、なんせプライベート・コテージなんですから
    やっぱルーム・サービス使っとかなあかんなっつーことになり
    結局そればっかでした。

    家族会議の結果ネシア料理はソトアヤム以外はイマイチやな~という
    結論に至ったため、主に西欧食とBeerを食する我々・・・
    ちなみに嫁さんはHeinekenn、私はビンタンビールを。


    img034.jpg

    インドネシアはわりとゆる~いイスラムの国ですが、
    バリ島はヒンズー教がメインとのことで
    お酒は全然ok!ビンタンはバリビールなのでした。
    なかなか美味しかったです。


    WS000005~1.jpg

    こーゆーとこで式を挙げるのもなかなかえーなーと
    いう素敵なチャペルなんぞもあるわけです。


    WS000007~1.jpg

    夜は外にかの有名なケチャを見に。
    本当は信仰的な意味合いが強く儀式として処女を中心として
    男たちがぐるりと取り囲み、チャッチャッチャッチャッという掛け声の
    輪唱と独特の歌を歌ってたようですが
    最近はすっかり観光の見世物としてやってるようで
    神秘的と言えるほどの気合は入ってなかったかもです・・・
    バリダンス&劇ショーみたいな雰囲気でした。
    それはそれなりに楽しんでますが。


    img001.jpg

    ジェームス・小野田と記念撮影


    こうして気だるくぬるい日々をバリで過ごした我々は
    骨抜きのグニャグニャになってしまいましたとさ。
    「もー帰るんいややー」「延長したいなー」という
    嫁さんの訴えは叶えられるよしもなく
    我々はバリを後にしました。

    はーまた行きたいなー
    いずれまた行くぞー

    次回は新シリーズ突入!




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず




    ジンバラン_Episode2
    2006年10月09日 (月) 08:30 | 編集
    クリームバスってご存知ですか?

    ああそうですか、やっぱりご存知ですかふーん。
    女性の方々にとっては常識的WORDなんですねー。

    ホイップクリームの風呂に入るプレイかな?マニアックやなー
    なーんて思ってるあなた。・・・・・・オッサンですね

    解説しよう!
    バリで有名なクリームバスってやつは、ハーブやらフルーツやら
    なんだか色々混ぜたクリームを頭に塗りたくり
    頭も肩も背中もグリグリグリグリもみほぐし
    頭も心もグニャグニャになってしまうという
    エステみたいなマッサージみたいなもんです。

    髪もつやつやになるってことですが
    私はもともとつやつやだったためあんまり効果は実感できなかったですね~

    はい。私もやりました。


    タイ式マッサージ免許皆伝の私からすれば
    こんなん児戯にも等しいわ!はっはあぁぁ~っっとか
    言ってるうちに気持ちよーく寝そうになってしまいました。
    まあ理容室でもすぐ寝てしまう私なのですが・・・・




    こーんな感じのとこで



    WS000008~1.jpg

    こーんなイメージで



    WS000004~1.jpg

    終わったらこんなとこでちょっと飲んだりして・・・



    img030.jpg

    また飲み過ぎてしまいました・・・むにゃむにゃ





    次回バリ編もいよいよ最終回。名残惜しいなー




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    ジンバラン_Episode1
    2006年10月07日 (土) 18:33 | 編集
    私の母が幼少の頃、東京・目白の家にスカルノ氏がまだ学生の頃
    ホームステイしていたそうな。

    ちゅーわけでインドネシアと無縁でもないかもしれませんが
    事実上無縁のまま新婚旅行に行き、さらにインドネシアと
    無縁なバリ島へ新婚旅行で行ってきた時のお話、第4弾はじまりはじまり・・・


    最低でも年間の四分の一ほど海外(アジアばっか)に行っている私なのですが
    地理に異常に弱いのが難点です。中国も上海の位置を描けといわれれば
    困りますし、タイだって駐在するまでは場所もイメージも全然ありませんでした。
    バリ島も当然どこにあるか知る由も無く、新婚旅行に行って
    始めて知りました。

    そう、バリ島はインドネシアにあるのです。
    あっ、石を投げないで下さい。そうですね、私くらいですね知らないのは。


    ま、これを読んでいる小学生や乳幼児、あるいは貧しくて
    義務教育を満足に受けられなかった方のために
    地図を載せておきます。

    ↓クリックで拡大
    Map_Bali.jpg


    バリ島現地旅行会社「Be-Wish Bali Tour」さんのHPより拝借しました。
    あっ、バリ島しかない地図でしたね。
    これは義務教育では確か教えていないはずなので
    記憶にない方もご安心下さい。

    こんなとこに泊まってたわけです。遅ればせながら私は今完全に把握しました。



    ホテルは名門リッツ・カールトン!ザ・シェフの味沢匠も修行したリッツの系列です。

    我々が行った年にも数々の賞を受賞していたみたいで、
    なるほどの充実ぶりです。
    この年、こんな賞とってたようです



    CONDE NAST TRAVELER, (2002) Readers' Choice Awards, USA
    #3 "Top 10 Asian Resorts"

    JALPAK, (2002), Japan
    #1 "Most Popular Hotels in Bali"

    TRAVEL + LEISURE (2002)
    #34 " Top 100 World's Best Hotels"
    #9 "World's Best Hotels Asia"

    CONDE NAST TRAVELER, Annual Gold List (2002), USA
    #1 "Best 100% Score for Rooms"
    #8 "Best Resorts in the World"
    #2 "Top Asian Resorts"



    ほほー、やはり鳥取の皆生温泉旅館組合が束になってかかっても
    勝てそうもありませんね。
    (関係者の方誹謗中傷ではありません事実です。ごめんなさい)

    ここでケチっては悔いが残ると思い、プライベートコテージを
    借りて泊まったのでした。
    結果は・・・・・・・・・・・・・・ぴんぽーん!(^^)!正解です。



    image005.jpg

    みよ!この寝室。欲望が渦巻く指数265%
    いやいや、寝室から紹介したのは間違いでしたね。




    image006.jpg

    みよ!このバスルーム準備室?婦人用メークルーム?
    欲望が大理石にも染み込んでいそうです。
    いやいや、ちょっと妄想気味でした。失敬。




    image008.jpg

    バスには花びらがちらしてあって、もう、お姫様気分も
    絶好調・最高潮!




    image007.jpg

    うちのお嬢もかなりテンション上がってました。
    ただしこの後、花びらについていた芋虫を私が丹念に取り除いていたことは
    意外に知られていない事実です・・・



    image004.jpg

    やっぱ楽園もお値段ケチらなければ
    スーパー楽園になるということで一つ勉強になりました。
    銭湯とスーパー銭湯との違いとは似て非なるものです.




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず

    ウブド episode3
    2006年10月04日 (水) 23:23 | 編集
    Monkey Forest・・・ウブドの猿の森に行きました。森であって
    猿地獄でも猿の惑星でも猿のようなママのいるスナックでもありません。
    要は猿がいるだけです。




    こんな風に・・・
    img040.jpg

    写真中央がボス猿、右が腹心の部下
    背後に手下共がチョロチョロしてます。
    報酬はみかん,ポテチ等で命を掛けてくれます。
    ボスは酒を与えると従順になります。


    彼らは野良猿なので気ままにぶらぶらしては
    観光客にエサをもらって、生意気にも残したりしやがっていいご身分です。
    まあ箕面の猿みたいに悪どくないのでわりと愛されているようです。
    国民性が猿にまで伝播するのでしょうか??
    (いや、箕面の猿は地方性というべきか)
    来世ではウブドの猿に生まれてくるのもいいかも・・・






    img031.jpg

    変わった猿になつかれました。





    img039.jpg

    バリならではの芸術的な段々畑テガラランも印象的でした。
    ここで働いているお百姓さんは忍者のように段から段へ
    ぴょんぴょんしてました。さぞかし足腰が強いのでしょう。
    しかし収穫はしんどいでしょうねー;


    さあ、バリの山の避暑地を後にジンバランへ!
    ここからが真の贅を尽くした癒しの旅です。


    お楽しみに~



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。