アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    逆転!
    2006年08月30日 (水) 00:44 | 編集
    それからはトントン拍子でした。

    ハナグスリを大量に薬品にぶちこんで
    みるみるうちに岩みたいな車は高級車へとその外観を
    変貌させたのでした。

    私      「いやー60代くらいの肌から一気に30代くらいの肌に
          なりましたねー」

    佐藤     「もうちょっと20代半ばくらいの肌になるといいですねー」


    どこからともなく鬼軍曹K氏登場

    K氏     「よく頑張ってくれたね。これでなんとか量産に間に合いそうだな」

    さらに副総経理登場

    副総経理  「いろいろあったが、これからだな。
            とりあえず、ごくろうさん」

    はー、有り難いお言葉!涙ぽろぽろです。

    というわけでようやくゆっくり台湾を楽しむことに。

    一週間程休みをとって嫁さんも呼んで台北で過ごすことにしました。
    次回からは台北での旅行記です~♪



    20060830003517.jpg
    澄清湖です。高雄にあんまり高層ビルないんですけどねー
    ここはちょっと背後ににょきにょき生えてますね!


    20060830003912.jpg

    蜂蜜なんぞも売ってました。
    ・・・・・・・・・・つまらんです。
    観光で高雄はお奨めできないですねー


    20060830004734.jpg

    つまらないのでサービスカット、檳榔小姐です


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    スポンサーサイト
    空港危機一髪!!
    2006年08月28日 (月) 00:27 | 編集
    その日私は緊張していました。

    空港でス-ツケースをX線検査機に通します。
    緊張で何だか歯が浮いて、手に力が入らない感じでした。


    検査官    「請?,來到這邊。別室移動。
             (ちょっと、こっちへ来なさい。別室に移動します。)」

    私       ・・・・・ヤバイ 「え・・・・・沒有問題。沒有問題ね?」

    そう、時間がなくて切羽つまった私はH●NDAの工場のタンクから
    抜いた薬品を500ccのポリ瓶に詰めてスーツケース一杯に詰め込んで
    上から下着でくるんで日本へ持って帰ろうとしたのでした。

    別室に連れて行かれて、しぶしぶスーツケースを開けた私は
    一転、身振り手振りで言い訳を始めたのです。もう必死!
    結局指を突っ込んで、毒ではないですー!とか
    ティッシュに染み込ませてライターで炙って、燃えません!燃えません!とか
    いって結局持って帰ることが出来たのです。ふゥ~・・・・
    これほど通関でドキドキしたのは以前タイにこれまた
    マズい物をもっていったとき以来です。(このときのことはまた後日書きます)

    日本に着くと一度開けた瓶から薬品が漏れて着替えの服は
    すっかり変色していました。はー危ない危ない。
    小分けしていて正解でした。

    それから一週間実験室で一人コツコツ朝も昼も夜も
    実験を続け、とうとうなんとか上手いこと行ける方法を
    編み出したときには年が明けていました。

    ここからようやく逆転劇がスタートしたのでした。

    (つづく)

    ここで以前高さんが噛んでいたビンローについて


    ~ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/ビンロウ)より抜粋

    『檳椰子を噛むことはアジアの広い地域で行われている。檳椰子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。場合によってはタバコを混ぜることもある。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤い汁が口中に溜まり、軽い興奮・酩酊感が得られる。赤い汁や、残った繊維質のものは飲み込まずに吐き出す。このため、檳椰子を売っている地域では路上のいたるところが赤く染まっており、外国人の観光客などは嫌悪感を持つことも多い。』
    20060828002411.jpg



    てなものですが、これを売っているキャンギャルみたいなお嬢さんが
    街角のビンロウBOXとでもいうべきガラスのショーケースに
    透け透けの衣装で入っており、車でその横につけると
    台湾は左ハンドルですので右の窓越しに
    檳椰小姐(ビンローシャオチェー)がぐぐっと身を乗り出して
    包んでくれたビンローを手渡してくれます。
    この時、きわどい胸元を見て台湾のドライバー諸君は皆ニヤリングに
    なるのです。
    20060828002635.jpg




    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    象岩石一样的汽车让副総経理震怒了
    2006年08月27日 (日) 04:38 | 編集
    みなさん自動車って鉄板で出来てるのに全然錆びないと思いません?
    バイクのミラーとかペンキ塗ってあってもしばらくしたら錆びてくるのに。
    それは“電着”というプライマーが色の着いたペンキの下に塗ってあるからなのです。

    ・・・・お気づきですか。そう、それがうまいこと塗れるように
    あっちこっち行っているのが私の仕事なのでした。

    3年間かけて腐った液と2年間かけて腐らせた液を半々に混ぜて
    バッチリいくYo!とだまされてやってきた私はそのとき何が起こっているのか
    良くわかりっませんでした。

    180トンのタンクにZUZUZUZUZUZU・・・と入った車に
    250Vの電圧をかけると鉄板だった車にグレーのプライマーが
    掛かってGOGOGOGOGOOOOO・・・・・・と出てきます。
    ん~????何か変だぞ。イガモガしてるぞ

    そして40分後焼き上がった車がオーブンから
    熱々で出てきました。
    ・・・・・顔面蒼白。
    岩石から一刀彫りで削りだしたようなガビガビの車が
    次々と出てくるのです。

    テスト車両は全て廃却。

    それから1週間工場でやることなすことうまくいかず
    サンプルを日本に持って帰ってなんとかしろ!という
    ことになったのでした。

    帰る前にH●NDAの副総経理(副社長)に呼び出されました。
    ちなみにこの時、現地の高さんは出入り禁止処分で
    台北に帰っておりました。
    重厚な扉をノックして入ります。

    私       「失礼します。」
             ・・・・ゴリラみたいな人だな。昔バイトで働いてたパチンコWORLD CUPの
             店長そっくりだな。

    副総経理  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

    私      「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

    副総経理  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

    私      「・・・・・・・・・・・・・・・・・・すみません。ご迷惑かけております。」

    副総経理  「お前、命までは取られないと思ってるだろう。
            俺は命がけでやってるんだあああああああああっ!!」

    ひいいいいいいいいいっ殺されるかと思った!
    というわけで一旦日本に帰ったのでした。
    量産開始まで2週間。 とほほーこの日は忘れられない
    クリスマスとなったのでした。


    20060827043643.jpg

    船で渡って旗津というところに海鮮レストランが
    沢山ありました。屋台でカラスミが安く売ってました。
    写真いっぱい撮っときゃ良かったなー


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    薬品大洪水!
    2006年08月20日 (日) 15:51 | 編集
    台北から高さんがやってきました。
    スラックスとランニングに草履を履いてやってきました。

    K氏   「誰だ、あいつは!工場に作業服も着ずに
         草履を履いてくるなんて、けしからんっっっつ!!」

    私    「すみません。すみません。
         すぐちゃんとさせますから ・・・」

    むう、いきなりイメージダウンだ!
    頼むよ、高さん。
    仕方が無いので裸にツナギを着させて
    黒い運動靴で安全靴を偽ったのでした。

    私    「高さん。日本から送ってきたドラム450本の
         薬品どのくらい台北で攪拌したの?」

    高    「20本シマシタ。」

    私    「???? 1本を20分混ぜたってこと?」

    高    「チガイマス。20ポンデッス。
          10分クライマゼタケドダメ。」

    私    「ダメ?」

    高    「下ニシズンデ戻ラナイ。」

    悪寒がしてきました。ヤバイ。

    ------------------------

    翌日一日かけて450本のドラムの薬品を
    タンクに残らず仕込みました。
    ドラムの底に変な沈殿がドッサリあります。
    ・・・・見なかったことにしよう。

    タンクを満タンにするため水で残りの液面調整をします。
    ここは高さんに任せてちょっと一服。
    1時間後現場に戻ってくると、

    な、な、なんとタンクから薬品が溢れて
    辺り一面大騒動に!!ぎゃーーーーー

    高さんが見張りをせずに鬢嫏(ビンロウ) [※注:台湾
    嗜好品で檳榔の実を石灰と一緒に噛む。頭がすっきりして
    少し体が熱くなる] を噛みに行っている間に
    水が入りすぎてしまったのでした。


    K氏   「責任者!でてこーい!!」

    怒りに燃えているK氏を見て気が遠くなる思いでした。
    はー殺されるかと思った。

    ・・・・・・しかしこれは序章に過ぎなかったのでした。



    20060820155037.jpg

    牛肉麺(ニューロー麺)です。
    外食で火鍋以外はこればっかり食べてました
    牛骨スープに固めの細うどんのような麺でした
    佐藤さんと一緒だとこれ以外はMcDonaldしか食べれなかったからなのです
    ・・・・ちぇっつ


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    出現鬼軍曹K氏
    2006年08月18日 (金) 21:58 | 編集
    高雄のラブホテルで私と佐藤さん(当時58♂)は一つベッドで
    熱い夜を過ごすはめになったのでした。

    ・・・・・・・うそです。
    一応一人一部屋でした。

    部屋の中にミラーボールやカラオケがあり、岩風呂風の浴槽
    の中には照明があり、湯を怪しく染めていました。
    風呂に入ってベッドに横になると寝つきが恐ろしく良い私は
    直ちに眠ってしまいました。


    翌朝、1Fロビー(?)に白い布をかけた長テーブルが
    並べられ、朝ご飯(?)がおいてありました。
    バドミントン部の合宿とおぼしいジャージを着た女子中学生
    が立ったままモリモリ食べてます。
    ・・・はあー立食なんやなー。しかし彼女ら、こういうとこ
    利用するんやなー。学校的にはOKなんやなーとか思いつつ
    よく見てみると食べているものは豆でした。
    そして、豆しかないのでした。ガクッ!!!
    しかし、食べねばなるまいと意を決し女子中学生に負けず
    モリモリモリモリっと食べ始めると佐藤さん登場

    佐藤   「おはようZINちゃん!相変わらず朝から
         馬みたいに食べてますねー。そんなに豆が好きです

         か?私は近くのマクドナルドで食べますが。」

    私    ガクッ!「そうならそうと言って下さいよ!こんなに

         豆ばっかり食えないですよ。鳩じゃないんですから」

    といった風に一日がスタート。
    いよいよH●NDAに到着。ん?まだH●NDAの看板に
    変わってないぞ!まだまだこれからなんだなー

    そしてまずは担当部署のK課長にあいさつ。
    私    「おはようございます。N社のZINです。
          よろしくお願いします。」

    K氏   「頼むよ。うちは台湾のA工業(私の会社の製品を
          OEM生産し技術サ-ビスも行っている)の製品を
          使ってるつもりはないからね。N社の製品として
          使うんだからね。看板背負ってやってよ。」

    K氏は背が低く背筋をピンと伸ばし軍人のような険しい顔で
    そう言ったのでした。
    そう。このドS軍人K氏の逆鱗に触れて蜂の巣にされる
    までの秒読みはこのとき始まったのでした・・・・

    (つづく)



    20060818215737.jpg

    いやー台湾の小龍包はほんっとに美味いですねー
    レンゲで受けてないと破れて中から汁がどばっと出てきます。
    そーっと口に入れるとジュジュジューっとジューシーです。
    あー、また食べたいなあ


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず

    高速旅客車乗車車中豪華絢爛
    2006年08月16日 (水) 00:21 | 編集
    台北-高雄を高速バスで約2時間余り。
    途中で降ろして!っていうのも有りみたいで。
    日本よりはほのぼのしてます。
    お値段も700元程度だったでしょうか・・・
    物価の高い台湾で価値ある700といえるでしょう。

    aloha-008.jpg



    閑話休題

    今回はH●NDAが、台湾から●UBARUが
    まさに一夜にして夜逃げして売り払った工場を
    買い取り、新たに立ち上げ直す、という
    極めて異例で異常なプロジェクトでした。

    夜逃げは誠密やかにとり行われ、
    ある朝、出入りの業者が連絡を取っても
    全然日本人に連絡が取れず、回してくれと頼んでも
    他の人もおらず、不審に思った人々が自宅や
    日本人会に連絡しても消息不明。
    埒があかず日本の本社に連絡しても箝口令(カンコウレイ
    と読む。覚えておこう!)が敷かれ知らぬ存ぜぬを
    繰り替えすばかり。
    現地は大パニックに陥ったそうな・・・

    それから3年。
    H●NDAはものすごい人数の日本人を
    投入してこのプロジェクト絶対失敗は許されない!と
    鬼気迫る勢い。


    ・・・・そんなこと知らない私は着いたばかりの高雄で
    今日泊まるホテルを見て毒づいてました。

    「なんで、いきなりラブホテル泊まらなあかんのですか。
    しかも男二人でっ!!」

    (つづく)


    20060816002039.jpg

    高雄の夕飯はほぼ毎日、火鍋(ホーコー)でした。
    死ぬほどダシ入りの油やラー油を入れるので,
    翌日トイレに油が浮きます。(おっと失礼)


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    実験実験又実験於台北
    2006年08月15日 (火) 00:21 | 編集
    台湾人A=専任スタッフ=高さんでした。
    空港に迎えに来てくれた少し日本語の出来るスタッフは
    現地会社の技術者なのでした。
    ちなみに彼は痩せた森三中の大島美幸に志村けんが
    子供のコントをするとき使用するズラをかぶせた
    顔をしています。

    私   「いやー高さんが日本語上手で助かりますよ!
        ところで高さん英語はOKですか?」

    高   「ワタシ英語ダメ。」

    そのうち気付くことになるのですが
    台湾の現地会社で英語を読み書きできる人が
    なななんと一人もいなかったのでした。
    高さんは極めて貴重なスタッフの一人だったのです。
    しかし、彼の存在がアダになろうとはそのとき
    想像も出来ない私なのでした。


    私   「シュミレーション?わかりますか?
        H●NDAの工場で車を流したとき
        綺麗にできるようにここで実験します」

    高   「はい」

    私   「H●NDAのラインはコンベア-スピード
        4.5m/分で日本でシュミレーションしてるけど
        間違いない?」

    高   「間違イナイ」

    私   「全没3.5分はOK?」

    高   「ダイジョブ」

    私   「今回、台湾の既存ラインの薬品を90トン捨てて
        日本の薬品90トン混ぜて使いますね!?
        日本のデータは・・・・っとこれですね。
        どこで誰がやったか私全然知らないですけど
        問題は・・・・・・えーーーーーーーーつと
        問題ないですね。」

    高   「モンダイナイ」

    私   「もう一回ここで外観の確認と細かい条件出しを
        しましょう。今日終わったら夜移動します。」

    高   「今日ドコイク?」

    私   「高雄に行きます。バスで佐藤さんと行く予定です。
        高さんも行くんでしょ?」

    高   「私シラナイ。佐藤サン」

    私   「・・・・・ま、いいです。テストピース
        用意してくれます?」


    -  2時間後  -

    私   「うーんちょっと仕上がり悪いけどまあ混ぜるものも
        混ぜられるものも新品じゃないしこんなものか・・・」

    てなことで高雄に向かって出発進行!


    高速バスは片側1列で、でっかい肘掛付きのふかふかの
    ソファー! ビデオを上映していてヘッドレストから
    音が出てくるという豪華仕様。
    持ち込んだチンタオビールとスナックで
    ちょっとお腹がふくらむと例によって
    たちまち寝てしまう私でした。

    ・・・このとき、現地の薬品も日本から持ってきた薬品も
    2年以上前に使用期限が切れており、日本のデータは捏造で
    工場での使用条件もまるっきり違うと知っていれば
    優雅に寝ていられるほどは神経太くなかったはずです。
    (つづく)


    20060815002016.jpg

    何か牛絲麺とかなんとかいうやつです。
    ちょっと臭いキツメですがうまかったです。


    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず

    初日到着台北
    2006年08月14日 (月) 00:10 | 編集
    月曜日、朝早くの出発でした。
    日頃から飛行機に乗ると直ちに寝てしまう私は
    不覚にも到着まで完全に熟睡してしまったのでした。
    ちっくしょ~!ビール飲み損ねた!!

    台北に着くと現地のスタッフが会社のロゴを手に持ち
    待っていました。

    私 「ニーハオ、ニーハオ。ZINですー」

    台湾人A 「コンヌズハ。ZINサン?」

    私 「はいはい、ZINです。どうもどうも」

    台湾人A 「会社デ佐藤サン待ッテッマス」

    私 「OK、OK。行きましょう」


    バンで走ること30分、まあそこそこ都会で
    何ちゅうこともないなーと思いつつ到着。
    ・・・・ボロい。ここに工場もあるって話だよなー??

    私 「あっ!佐藤さん。こんにちはー」

    佐藤 「おっ。これはこれはご苦労様。
    一服つけに行きましょうか。こっち」

    私 「これどうぞ。(お茶づけセットとゴルフ
    ダイジェスト)」

    佐藤 「おーありがとう。しかしだいぶデブに
    なったねーZINちゃん!」

    私 「口の悪い老人は嫌われますよ。もっと
    素直にならないと。」

    佐藤 「相変わらず突っ張ってるねー。
    もう少し成長したかと思ったけど
    まだまだ青いですね~」

    てな感じで軽口の応酬を楽しんだ後、
    M常務が合流。

    M常務 「おう、ZIN。すまんな。」

    私 「いっつも急ですね~。前回のもひどかったで
    すけど」

    M常務 「すまんすまん。まあ、今回は行くだけで
    すぐ終わるから。データ見て確認だけ!
    シュミレーションすぐして!高さんもう会う
    た?専任のスタッフや!ラボもここにあるし
    サンプルも置いてるから!」

    私 「・・・・・・・・・・・・はあ。」

    前回の福岡の悪夢がよみがえってきました。
    嫌な予感全開です。(つづく)


    DSCF0194.jpg

    あれっ、「明治●命」かと思ったら明台でした・・・



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    出発準備向至台湾
    2006年08月13日 (日) 09:06 | 編集
    pururururu・・・・・・ブチッ

    私 「HELLOW!じゃなくてニーハオ
    ウォジアオZIN、Ncompany。
    佐藤さんヨ・マ?」

    スタッフA 「・・・・・。○×△∇※♯サトウー」

    佐藤所長 「もしもし。」

    私 「ごぶさたしてます。ZINです。」

    佐藤所長 「ZINちゃんかー。来るんだって?!」

    私 「あー、知ってはったんですねー」

    佐藤所長 「昨日ね、Mさんから電話あったんですよ。
    ZINちゃんが来るって聞いて笑っちゃいましたよ。」

    私 「台湾行ったこと無いんですけど。」

    佐藤所長 「ぜーんぜん問題ありません。台北には私
    が迎えに行きますからその日Mさんと
    話して下さい。」

    私 (この人の全然問題ないヤバイんだよなー)
    「じゃ、ゴルフダイジェスト持って行きますん
    で待ってて下さい。」

    てなわけでゆっくり過ごすはずの週末は突如ドタバタに。
    台湾は物価が高いということで、下着の替えも1週間分
    洗剤も小分けしました。
    この時は大阪に住んでましたので関西国際空港からの
    出発です。
    美味しいもの食べれるかなー?

    ・・・このときまだ私は知りませんでした。カロリーの高い
    粗食で太って帰るはめになろうとは・・・・。


    20060813090400.jpg

    こちらはファミマ!「全家便利商店」になっちゃうんですねー。
    昼飯は常にここの弁当でした。油ギッシュでおえっとなります。



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    片道切符至地獄於台湾
    2006年08月06日 (日) 12:31 | 編集
    台湾の高雄(カオシュン)に行ったときのお話。

    高雄ってどこにあるかご存知ですか?
    私は海外出張ばっか行ってる割に、地理にとてつもなく
    うといので全然イメージ湧きませんでした。

    map.jpg




    当時開発部にいた、とある週末の夕方のこと合成室で樹脂を炊いていた
    私は突然呼び出されました。

    H事業部長 「ZIN君、パスポート持ってるよね?
          この間帰国したばっかりだし」

    私     「はあ。どこかHELPですか?」

    H事業部長 「Mさん(常務)がえらく君のこと買っててね。
          来週月曜から台湾に行けないかね?
          台湾でH社が立ち上げするのでその支援で
          しばらく行って欲しいんだ。」

    私     「(またMか!あいつの仕事ろくなのないからなー)
          ・・・また、えらく急ですね。もう時間ないですよ。
          こちらの仕事もありますし、
          家族の了解もとりたいんですが」

    H事業部長 「K課長には私から言っておくから心配しなくてもいいよ。
          今、奥さんに連絡取れる?」

    トルルルルルル、トルルルルルル、トルルガチャ

    嫁     「はい」
    私     「来週から台湾出張になりそうやねんけどええ?」
    嫁     「いかなしゃーないんやろ?」
    私     「まあなー」
    嫁   「ほな、しゃーないやん。どのくらい?」
    私     「1週間くらいかな~。しかし、君、
    あっさりしてるなー」
    嫁     「行きたないん?」
    私     「(事業部長の前でそれは言えんわ)いや、別に、
          じゃそういうことで。」 ガチャ


    私     「家族はOKです。データとか事前資料とかは
          誰とコンタクト取ったらいいんですか?」

    H事業部長 「愛知のT君が事前検討して問題ないって聞いてる。
          心配しなくてもいいよ。
          全部Mさんがわかってるから。
          現地でやってくれたらいいよ。」

    私     「Mさんは今台湾におられるんですか?」

    H事業部長 「今、タイかパキスタンにいる筈だよ。
          来週現地で合流して、詳しい話は聞いてくれ。
          まずは渡航手続きして、現地の佐藤さんと連絡取って。」

    私     「・・・・・・はい。」


    このとき、すでに地獄に片足をつっこんでいるとは
    知らない私でした。(つづく)

    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Strange business in Lahole
    2006年08月05日 (土) 18:05 | 編集
    パキスタンのことをパキと省略して呼んではいけません。
    なぜなら、イギリスに出稼ぎに出ている低所得者層のパキスタン人を
    英国人は別称で“パキ”と呼んで蔑んでいるからです。

    今回はちょっと変な・・・というか、若干の違和感を
    日本人が感じそうなパキスタンを見ていきましょう。

    CIMG0233.jpg

    これ、ラホール美術館のガンダーラ美術コーナーで見かけた
    牛さんですが、ラクダみたいな瘤がありますよね?
    何かの象徴か??と思ったら

    CIMG0142.jpg

    実物もコブ付きでした。しかもかなりの過積載ですねー
    CIMG0382.jpg

    CIMG0431.jpg

    過積載といえばこちら
    後ろからのアングルは恐ろしいほどはみ出しており
    近寄るとあまりの圧迫感にびびってしまうことでしょう。

    CIMG0425.jpg

    こちらも随分と重そうですね。
    もうちょっと重いとロバさんはウイリーしてしまいます。

    DSCF1534.jpg

    チキンサンドでっす。毎日カレーだったので
    たまに食べるととても美味いです。毎日でも美味いです。

    CIMG0352_2.jpg

    私が水煙草(フッカ)を吸っているところです。
    水煙草は写真の瓶の上の銀のロート状の部分に
    煙草の葉を詰め火を付けます、ホースの先の吸い口から
    思いっきり吸うと、瓶の中の水でニコチン,タールが除かれて
    マイルドになった煙が出てきます。
    この時は、水にコーヒーフレーバーが付いていて、
    コーヒーの香の煙草を楽しみました。


    DSCF1589.jpg

    この写真ではわからんですねー・・・
    ラホールにはすごくでかい蝙蝠がいます。
    写真は森林公園にて撮影したものですが、
    胴体が猫程もある巨大蝙蝠が池の何かを狩るため
    着水した瞬間です。いやーでかい!!
    びっくりしたなーもう!

    さて、しばらくお楽しみ頂いたパキスタン編は今回でおしまい。
    次回は台湾編です。パキスタンは年末また行って来ますのでまた・・・。



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。