アジアの烙印
    一度アジアに駐在した者は、再びアジアにいく運命が待っています。

    それは知らぬうちに背中に目に見えない“アジアの烙印”が

    刻み込まれているからなのです・・・

    その痕は決して取ることは出来ず、深く体に染み込んでいくのです。

    いつしか忌み嫌っていた筈のアジア駐在への想いは複雑なものに変わり

    何かが自分の中で変わってゆくことに気付くのです。

    それは進化した自分なのか、それとも壊れていく過程なのか

    忘れていたはずのある日烙印は目を覚まし語り始めるのです。

    そして烙印が疼く時、その時・・・・・・

    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) --:-- | 編集
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    到再見台灣再見的日
    2006年09月13日 (水) 01:26 | 編集

    「蒋介石の業績を讃えるため、蒋介石が死去した翌年に着工され、1980年に完成。純中国様式の建物で、高さ70m。1階では蒋介石の業績を豊富な写真や資料で紹介しています。2階には高さ6,3mにも及ぶ巨大な蒋介石の座像が、像の前には儀仗兵がおり、1時間おきに行われている交代儀式が見どころです。」

    以上、中正紀念堂の紹介でした。終わり。



    ・・・・・ではありませんでしたね
    いよいよ,台湾編最終回!いってみましょう。

    最後に我々やって来たるは、「中正紀念堂」です。
    まあーなんちゅうでかいとこでしょうか!
    しかと見よ!

    DSCF0219.jpg

    この巨大な門!○の中に嫁さんがいます。
    門に書いてある文字より人間が圧倒的に小さいでしょ?!
    しかも嫁さんは身長182cmもあるのに・・・・・(うそです)


    DSCF0223.jpg

    後ろにある建物には蒋介石の座像があります。
    行ったとき無知な我々はそのオジサンのことを
    「シャクレやー!シャクレが座っとるでー!!」とはしゃいだものでした。


    SYAKUREmini.jpg

    ほら、だいぶシャクレてるでしょ?


    DSCF0227.jpg

    上から見ると随分と広いことが改めて認識できます。
    左右対称で均整のとれた造形です。


    DSCF0229.jpg

    まあ、なんということでしょう!
    我々を祝福するかのように突如虹がかかったのでした!!
    これから幸が訪れるのでしょうか?!
    ま、ええからちょっと笑顔で頼むで~嫁さん!


    かくして台湾の日々が幕を閉じたのでした!

    土産はやはりカラスミがよろしいでしょう。



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    スポンサーサイト
    去了哪裡不明白的寺院
    2006年09月11日 (月) 00:25 | 編集
    さあ台湾編も残すところ後一回です。
    永らくの御閲覧ありがとうございました。というか飽きてきてますね
    お客さん。

    さてさて、次に我々はどこだかの寺に入ったのでした。
    どこの駅で降りたかも何という名前の寺だったかも
    忘れてしまったのですが、なかなか風情のあるいい寺でした。
    なんかの法要なのか盆みたいな日だったのか
    えらく人が沢山いました。

    DSCF0218.jpg


    辺りは線香の匂いと煙でもーもーとしており
    わりとみんな真顔でお祈りしているので、
    不信心なわれわれカポーにはふさわしくない雰囲気で
    ありました。

    DSCF0217.jpg

    真ん中左のジジイは佐藤さんかと思いました(以前の記事に登場してます)。
    ゴルフのスコアアップでもお祈りしてたのでしょうか・・・
    と思ったら真面目に拝んでる地の人でした、失礼!

    DSCF0216.jpg

    おおっ!台湾美人発見!面舵20度。撮影っっ
    おそらく旦那さんと思われる人と歩いてます。
    ちょっと猫背で暗い顔をしていますが、辛いからこそ
    拝みに来たのでしょう。とか勝手に想像をふくらまします。


    DSCF0215.jpg

    ・・・・嫁さんは疲れもあって
    だいぶご機嫌斜めになってきたご様子。明らかにテンション低めです

    台湾最終回へとつづく



    ランキングに参加しております。情けは人のためならず。

    情けは人のためならず 情けは人のためならず
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。